'10-13おうとくケアセンター

鉄骨建て方


奈良市の高齢者施設。ついに増築部の鉄骨が組みあがりました。壮観です!

内部の様子。既存部と増築部は、ぴたっと各階の階高を揃えています。

新・旧のジョイント部。地震が起こった時にそれぞれの棟が動いてもぶつかって損傷しないよう、計算で離隔距離を導き出しています。増築ですが、構造的には別建物扱いとしています(エキスパンション・ジョイントと言います)。結合部分の収まりが非常に難しい。まだまだ課題山積です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です