'10-13おうとくケアセンター

竣工図完成


高齢者施設の竣工図が出来上がりました。これが出来ると、やっと物件が一つ完成した気がします。

我々が作成する正式な図面には大きく分けて3種類あります。実施設計をして見積、契約に至る工事請負契約図面、役所用に作成する確認申請図面、そして工事中の諸々の変更をふまえて実際の建物がどうなっているか記録する竣工図面です

。特に竣工図では、後に設備を更新したり、メンテナンスする場合に使用することが多いので給排水・空調・換気・電気設備図の精度が非常に大切です。設計時から色々な要因で配管ルートを変更するケースが多いので現場の施工状況と竣工図面の整合性をしっかりとっておく必要があります。

ちなみに、竣工図カバーの文字は黒地に金文字箔押しが一般的なんですが、なんだかバブリーな感じが良くないので、当所では銀文字箔押しでつくります。プチこだわりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です