'16-奈良市K邸

解体が始まりました。

外部工事が一段落し、引き続き内部工事が始まりました。まずは既存の設備や壁・床の解体工事です。壊す部分・残す部分を慎重に見極めつつ進めていきます。

既存の天井板を剥がすと、予想どおり片流れの勾配天井が出てきました。この空間をそのまま生かして、新たなLDKとして設えます。庇が深いため家の中が暗いという欠点を克服するため、屋根中央部にはトップライトを計画しています。