3.Idea

古家の購入前調査

少し前からご相談を頂いていた奈良県橿原市の古家リノベーション。中古物件を購入して改修する計画です。具体的に計画を進める前に、建物の状態をある程度調べて改修できそうな状態かどうか確認するため現地に伺いました。

昭和初期の建物。30年ほど空き家の状態ということで、時間が止まったような古家でした。縁側のガラスはかすかに波打っています(現在ほど高精度で製造できなかったためです。古いガラスの特徴です)。

 

なかなか傷みが激しい箇所もありますが、もうこれぐらい全然大丈夫と思えてしまうぐらい古家耐性がついてしまいました・・。古いまま残っている古民家は床下や柱梁の状態が一目瞭然なので、案外、安心感があります。