滋賀

滋賀の建築めぐり:ブルーメの丘美術館(旧赤い帽子織田廣喜ミュージアム)

安藤忠雄氏、中期の代表作の一つ。照明一切なしの日没閉館ミュージアム。

 


エントランス。

 


エントランス見返し。

 


徐々に室内へと導かれるアプローチ。

 

とても気持ちよい展示室。光量もちょうど良い感じ。絵の保存には割と過酷な環境のようにも思います。

 

 


非常に良く出来た美術館なのですが、哀れ2005年に閉館してしまいました・・・が、2007年に再オープンしたらしいです。