道具

建物調査の力強い味方。赤外線測定器

芦屋のリノベ計画。プラン作成にあたり内部の実測を行いました。夏場、エアコンが効かない室内での作業はなかなか骨が折れますが、最近では強力な助っ人のおかげでかなり楽になりました。画面右に写っているヤツです。赤外線測定器。ピッと押せばレーザーでたちどころに向かいの壁面までの距離を測定してくれます。精度もミリ単位。壁の微妙な不陸まで出ます。測定器から出る光はそれほど強くないので、太陽光の下ではかき消されてしまうことが唯一の難点ですが、室内の高い天井や長い距離の測定には大助かりです。 リフォームではアバウトな図面だけでもある程度現場任せで出来上がっていくのですが、高い精度を出そうとすると、やはりそれなりの準備が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です