'13-14錢屋本舗オフィス

CG検討


プランが徐々に固まってきました。平面図の検討では梁との取り合いが分からないので、3次元的に考えながら設計を詰めていきます。

既存躯体を生かしたラフなテイストをCGでうまく表現するのはなかなか大変です。

家具と建築の中間ぐらいの間仕切りで空間を分けます。家具の中を潜り抜けて奥の部屋に入るような感覚がうまく出せないかなあと試行錯誤。

キッチンはスチールフレームに天板を落とし込むシンプルなものを製作。わざと床レベルから浮かせて軽いデザインとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です