用語

中古住宅のインスペクション


中古住宅のリノベをお考えの施主さまと、検討中の物件を調査に。いわゆるホームインスペクションです。(⇒ホームインスペクションについてはこちら等を参照)

クラック発見。売主からは何の説明もなく、危うく見過ごされるところでした。

ユニットバスの天井から、屋根裏をごそごそ拝見。断熱材の留め付けが甘いですねえ。
中古物件を購入する際は、ふつう不動産会社と買主との直接交渉になりますが、不動産会社はプロ・買主は素人ですから、買主が著しく不利な交渉となってしまい、売主が言っていることがどこまで正しいのか判断することもできません。そこで、不動産会社よりはるかに建築に詳しい我々、設計を生業とする一級建築士が買主の立場に立って物件の現状を調査・査定する必要がある訳です。特にリノベーション前提の購入の場合は、契約前に希望のプランが叶えられそうなものか、ある程度当りをつけることは大変重要です。
なぜか関西では広がらないホーム・インスペクションですが、潜在的な需要はメチャメチャあるように感じます。弊所でも、もっとたくさんの方が安心して中古住宅を購入できるよう、物件の購入前の段階からお手伝いできる仕組みを検討中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です