'12-14『』の家

中間検査

確認検査機関による二回目の中間検査を行いました。ややこしい階層構成なので、検査官の方もあっち行ったりこっち行ったり大変です。中間検査では、現場が設計図のとおり施工されているか、また鉄骨やコンクリートなどが適切な強度を有しているか、検査機関によるチェックを受けます。最終的に壁や天井が仕上がってしまうと中が見えないので、中間検査は構造体の施工をチェックする重要な関所となっています。現場の協力もあり、今回も特に問題もなくクリアすることが出来ました。次はいよいよ最大の山場、隣地境界ぎりぎりでの外壁工事です。