3.Projects

基本設計案


郊外の分譲地の一画、通行量の多い道路に面した立地を生かし、 カフェ、アトリエ、音楽スタジオ、茶室など、様々なアクティヴィティを生み出す「ハナレ」をもつ住宅です。ハナレを道路側に、主棟を奥まった静かなスペースに配置し、住戸1階は南に大きく開いたLDKから緑があふれる庭まで一体的に利用できる開放的な設えとしました。2階は階段室を中心に吹抜を設けて、どこにいても家族の雰囲気が伝わる間取りとし、日当たりのよいバルコニーに面してライブラリスペースも確保しています。シンプルでありながら、多様なライフスタイルに応えることができる住宅です。


アプローチ。


南庭からリビングをみる。


1階模型写真。左がハナレ。右が母屋。


2階模型写真。3つの寝室と、吹き抜けに面した共用ライブラリ。


1階平面図


2階平面図


ハナレを小さなカフェに利用した場合。


ハナレを茶室に利用した場合。

他にも料理教室や雑貨店、音楽スタジオやギャラリー、半二世帯住宅など、色々な使い方が考えられます。最近は核家族・夫サラリーマン・妻専業主婦またはパート、ではない家族構成や生活観を持った方も増えています。そういった方々のニーズに応えられる手軽な住まいをつくりたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です