'15-18Kururi

ツタビル調査

調査した建物は再生にあたって色々と問題が多いことが分かり断念、奈良市内の別の売物件で再検討することになりました。今回も古い鉄骨ALC造ビル(たいてい古ビルはこれなのです)、建物自体はそれほど痛みもひどくなく、確認申請や完了検査も受けているということで比較的リノベーション・コンバージョンを行いやすい条件です。が、外壁がびっしりツタに覆われています。

サッシの隙間から室内にまで侵入中。ものすごい生命力。

ツタに覆われたビルは夢があってイメージふくらみますが、現実的にはなかなか難しいようです。