'15-17岡山ビル

Oオフィスビルの改修

近年では古い建物に価値を見出すマンションリフォーム・リノベーションがかなり一般的になってきました。それに伴ってオフィス物件でも、レトロでコンパクト、気軽に借りられる物件を求めるニーズが特に若者やクリエイター層に増えています。しかし都心のオフィスビルを見渡してみると、古くて賃料が安い物件であってもほとんど空室になった建物が巷に溢れています。住居建築は室内さえリノベーションすればひとまずOKですが、オフィスビルは取引先や顧客との打ち合わせに用いる公の場であるため、いくら貸室をリノベーションしても外観や共用部が酷い状態では使い物にならない事が原因です。

 

今回は空室化と老朽化に悩む建物オーナーのご依頼で、高度経済成長期に建てられたビルをリノベーション。外装タイルや杉板打放し、手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの配線配管を撤去、共用部のデザイン・設備・間取りを更新し、レトロでシンプルな魅力を備えたオフィスビルに再生します。