4.Architectureイベント

住宅・省エネ・その後

省エネルギー設計技術の講習会に行って来ました。住宅の省エネ評価は数年毎にどんどん改定されていくので追っかけるのが大変です。平成27年4月1日に完全施行された最新基準では、外部まわりの熱の出入りに加えて設備性能についても算出することになりました。

建物がいったいどのぐらい熱を取り込んでどのぐらい出しているか。どこをどう断熱すればベストなのか。単純な疑問ですが、それを検証するのは非常に困難です。また、計算した値が実際の建物に当てはまるかというと、そう簡単でもありません。建築は非常に多くの要素から成るため、熱負荷計算を行う際にかなりアバウトな近似を行うこと、実際の現場で完璧な断熱性・気密性を確保した施工を行うことは現実的に不可能に近いためです。

とはいえ、理論上にせよどのぐらいの性能を確保した住宅を目指すのか、目標を定めながら設計を行うことは大変重要です。評価計算プログラムもシステム整備がかなり進んできたので、どの箇所にどのぐらい断熱を行えばよいか、設計時にシミュレーションしながら進めることができそうです。

現在はまだこんな段階ですが、2020年をめどに全ての新築住宅に省エネ基準適合が義務付けされるそうです。建売やハウスメーカーの建物は形も単純、素材も単純なので評価計算も簡単ですが、われわれがつくる建築はイレギュラーな条件のものがほとんど。昨年竣工した『 』の家はフラット35S認定を取得していますが、申請の際、鋼板サンドイッチパネルの透湿抵抗を証明する資料がなく(鉄板が湿気を通さないことは当たり前なのでメーカーもそんな検査はしていない)、検査機関から「湿気ないことを証明しろ」と無茶振りされて非常に苦戦しました。規格化住宅以外にも生き残る道が残された制度になるのかどうか。今から先が思いやられます・・・。