'15-16閑かな家

現場開始。

奈良市のマンションリノベーション。厳しい予算調整をようやく乗り越え、いよいよ着工となりました。まずは既存の建物を解体し、スケルトンの状態に戻します。もともと天井即コンクリートの建物なので、解体すると綺麗な壁や天井が出てきました。

上下階を突き抜ける排水管。竪管と、住戸内の排水を竪管へ流すための十字型の継手部分は共用部のためリノベーション工事では手を加えることができません(上の階の排水が漏れてしまいます。。)そのため、リノベ後の設備機器から出る排水管をどちらの向きから竪管に接続するか、向きや口径、高さの制限が生じます。事前の調査である程度PSの位置は把握できますが、継手の詳細まではなかなか・・・。現場での微調整がかかせない部分です。

今回も継手が思ったより低い位置にあったため、水回りの間仕切り位置や設備の種類など、若干の変更が必要になりました。臨機応変に対応しながら、テンポよく現場は進んで行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です