'15-18四つ角の家

棟上げ

堺の住宅。いよいよ建て方作業です。狭いスペースにクレーンを停めて、手際よくプレカット材を組み合わせていきます。

 

今回はスキップフロアも去ることながら、方形屋根の組み立てが非常に難しく、構造設計・工務店・材木屋さんと事前に協議を重ねてきました。斜め45度向きの材4本を約35度の傾きで組みます。

 

計画どおりドンピシャ!!素晴らしい施工でした。

 

すっかり暗くなりましたが作業員全員とお施主様で上棟式。白熱した建て方作業の後の乾杯は格別です。自分を含め、車で現場に来ている人が多いためノンアルコールになってしまうのが現代の工事現場の悲しいところです。