'15-18四つ角の家

間接照明の模型

堺市の住宅。屋根形状が独特なので照明が難題です。照明デザイナーさんと検討する中で、間接照明で大屋根の天井面全体を照らす案が一番良さそうということになりました。模型やCGではどうもイメージし辛いので実物大の模型をつくって照明の当たり方を検証しています。

断面。小屋根を彫り込んで直管の間接照明を仕込みます。実際はこの上に大屋根が架かってくるので、やっぱりイメージし辛い。いろいろ試行錯誤した結果、何とかうまくいきそうな姿が見えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です