'15-18四つ角の家

製作キッチン

堺市N邸キッチン。バックセットを含め家具製作品です。お施主様のご希望でなかなか収納充実なプランとなりました。

天板・側板はバイブレーション仕上げ。若干コストはかかりますが、使用後の傷が目立ちにくいメリットが大きいのでYYAAの基本仕様となりつつあります。扉面材はタモ。フローリングより明るめの色味です。作業スペースの床は磁器タイルを四半敷。

給排水配管周りまで余白を使い尽くす収納設計。きめ細かなディテールを提案して頂いたキッチン屋さんに感謝。

タイルとフローリングの見切り材は黒皮鉄のフラットバー。少し浮かせた側板との取り合いも良い具合に収まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です