'17-18昭和小路の長屋

完成に向けて。

屋根瓦の葺き替え完了。難しいコーナー部分や隣家との取り合いも丁寧に納めて頂きました。

 

 

内部は左官工事中。現在下塗り・中塗りが終わった段階です。ややラフな仕上がりが味があって良いということで、この状態で完成とする場合もありますが、今回は工務店さんの心意気で(そんな恥ずかしい仕事でけへん)上塗りまでサービスして頂くことになりました。設計者が我を通すことも大事ですが、時には職方の流儀を尊重することで、この現場ならではのものが出来上がればそれがベストではないかと思っています。

建具は現在仮付け状態。至るところ不陸だらけの町屋では建具をスムーズに動くよう微調整する必要があり、実に大変です。

 

1階の床板はYYAA定番の杉足場板。幅広のフローリングはやはり迫力があります。見た目だけではなく断熱性にも優れていて、もちろんローコスト。床下地は今回工事で組み直しました。

 

 

極小1014サイズ(1m x 1.4m)のユニットバスもぴったり納まり一安心。年内の完成に向けて急ピッチで作業が進んでいきます。