3.Idea

古くて大きな家

奈良市より古民家リノベのご相談を頂き、プランニングに先立って実測調査を行いました。古民家・・・といっても元々倉庫として使われていた建物なので、ほとんどがらんどうなのですが、なにしろこのサイズ。酒蔵のような空間です。ここに吹き抜けのあるリビングを・・と想像すると、わくわくしますね。

 

古い土壁が非常~に良い感じなのですが、劣化してフカフカの状態。竹小舞との付着がない土壁は上塗りしても落ちてしまいます。残念ですが一度全部取ってしまわねば。構造補強ももちろん必要です。

 

ぐねぐね丸太梁。いつもながら昔の棟梁さんの適材適所・融通無碍な技の数々に惚れ惚れします。しかしこれが非常に図面化しにくい。途中で曲がっていますし、継いでいますし、直径も変わります。

 

実現には非常に多くのハードルがあり困難な道のりですが、いくつか古民家のリノベを経験できたおかげで、まあ時間さえかければ何とかなるんじゃないかと思えるようになりました。