京都の建築巡り:京都市京セラ美術館

Posted カテゴリー: 京都

 

今年の5月にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館に行ってきました。

近づいて行くとまず目に入るのは、入口への長く緩やかなスロープ状の広場。遠くからだとほとんど見えず、既存の建物を邪魔することない自然なたたずまい。

現在コロナの影響により予約制なので、待ち時間の間に建物の周りを散策しました。

 

コンクリート打ち放しの外壁に真鍮の板?を張り付けた外観の東山キューブ。今回の工事で増築された部分です。

 

テラスからは美術館の庭園や街並みが見渡せます。晴れていればもっと気持ちよさそうです。

 

中に入るとエントランスは古いレンガ部分と新しい白い部分とが調和しており落ち着いた雰囲気。まずは美術館内のカフェENFUSEでランチ。彩り豊かで食べるのがもったいないくらいです。料理の写真はインスタにて。。。

 

ショップの様子。

 

 

アーティストの展示をめぐりつつ、建物内を散策。場所によって空間の雰囲気が全然違います。

 

中央ホール。なめらかな螺旋階段が美しいです。

 

光の広間。鬼頭健吾さんの作品が展示されていました。

 

東エントランス。庭園を眺めながら一息。杉本博さんの企画展をゆっくり観ました。

 

久々の建築巡り、見どころ満載でした。また頑張らねば。

 

 

解体工事が始まりました

Posted カテゴリー: ’20-京都市東山区NF邸


京都市左京区の町屋リノベーションの解体工事が始まり、以前はほとんど分からなかった構造体が見えてきました。


壁から昭和15年の新聞が出てきて驚き。


予想どおり、新築当初の黒いものと、増改築された白いものが混ざっています。途中で間取りを変えたためか、かなり複雑な骨組みになっており、一部危険な箇所もあります。設計を進める前に、全ての柱梁の径や継手位置を実測して構造を整理し、補強方法を考える必要がありそうです。

地鎮祭

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸

奈良市内にある大きな古屋の改修計画。既存部分の解体工事を始めるにあたり、地鎮祭を行いました。僕は初めて地鎮祭に参列したのですが、思っていたよりもずっと神聖な雰囲気で、かなり緊張しました。

 

計画している建物の四隅を神主さんがお祓いしてくださっています。

 

玉串拝礼。榊の枝を神前にお供えします。

いよいよ工事が始まります。気を引き締めて、よい建物になるように頑張ります。(ぶ)

オープンデスク2020

Posted カテゴリー: オープンデスク

3月は建築を学ぶ大学生が1人オープンデスク(インターン)に来ていました。CADやグラフィックソフトの練習、塗装色の検討、パンフレット作成、現場見学、建築めぐり、最後には実際の計画を元に案を考えてシートにまとめ、所内でプレゼンしてもらいました。

 

特に都島区I邸は大阪市内ということもあり、毎週の現場定例会議に同席して工事の進捗を見てもらうことが出来ました。

 

 

所内でのプレゼンの様子。

 

3月はちょうどたくさんの現場が動いていたので、色々な物件を見比べたり、建築が出来ていく様子を順番に見ることができてよかったのではないかなあと思います。これからもぜひ頑張って欲しいです。

建築遠足。

Posted カテゴリー: オープンデスク

今日は事務所のみんなやオープンデスク(インターン)の学生と、眞野サトルさんが設計した建築のオープンハウスに行ってきました。施工は三笘工務店さん。うちの事務所でもいつもお世話になっている工務店さんです。

建物は製造関係の会社のオフィスですが、2階にコンテナが建物に突き刺さっています。何とも不思議な外観です。コンテナの扉は実際に開閉できるそうです。

 

室内の様子。スチール製の扉もかっこいいです。
他の設計事務所の建物を見学できる機会はあまりないので、貴重な経験となりました。

 

オープンハウスのあとは茶臼山にあるYARDというカフェへ。内外とも落ち着いた色でまとめられていておしゃれです。平日ですが大勢の人で賑わっていました。

 

珈琲なのですが珈琲ではないような、今まで飲んだことのないような味わいでとても美味しかったです。