配筋検査

Posted カテゴリー: '18-大阪市都島区I邸

大阪市I邸、基礎の配筋検査を行いました。

 

近くでみるとこんな感じです。

底面や型枠側面には、鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚さを確保するためにスペーサーが設置されています。

 

図面の通りに施工されているか、鉄筋のピッチも確認します。

 

これは基礎を横断する給水・給湯・排水管のためのスリーブです。

コンクリートを打設する前に必要な箇所に穴を空けておく下準備です。

 

特に問題なく配筋検査を終えて、いよいよコンクリートの打設です。

 

基礎の墨出し

Posted カテゴリー: '18-大阪市都島区I邸

大阪市I邸。D・BOX工法の地盤改良工事が終わり、その上に基礎の下地となるコンクリート(捨てコン)を打設しました。

 

水平に慣らしたコンクリート面に、図面どおり鉄筋の配置や型枠の位置を書いて、墨出しを行っています。

敷地をめいっぱい使った設計のため、隣地境界ぎりぎりです。

 

地盤改良 D・BOX工法

Posted カテゴリー: '18-大阪市都島区I邸

大阪市I邸も着工しました。現在、地盤改良工事を行っています。

 

今回の敷地は地盤調査の結果、地中10m以上の深さまで軟弱地盤が続いていることが分かり、鋼管杭を打ち込む地盤改良工法では費用がかかりすぎることがネックでした。

そこで構造設計の方に相談しながら色々な工法を検討し、D・BOX工法にたどり着きました。この工法は、他の工法に比べて若干安価であることに加えて、振動対策・液状化対策にも効果があり、住宅規模の建築ではまだ採用例が少ないものの、土木工事では広く採用実績があるとのことです。施工にあたってはD・BOXを研究開発したメトリー技術研究所の方に現場指導もお願いしました。

 

施工方法はとてもシンプル。

事前に手配した『透水性を有する特殊な袋』に定量の砕石を投入しD・BOXをつくります。(この特殊な袋にはいろいろな技術が詰まっている(お話もたくさん伺いました!)のですが、長くなってしまうので割愛。)

次に、地面を掘削。

 

掘削した穴にD・BOXを敷設、ランマーで転圧。

 

最後にD・BOXの上に砕石を敷設→ランマーで転圧し、完了です。

 

一般的な地盤改良工事は、なかなか大掛かりな工事となるため時間もそれなりにかかるのですが、この工法だと数日で完了してしまいます。次の日には基礎工事に入れるので、工期の短縮にもなりますね!

 

大阪芸術大学へ2

Posted カテゴリー: 大阪

(前回の続き)アートサイエンス学科新校舎の内部。ぐるっとガラス張りなので明るく、外部の樹木に囲まれているようで気持ちがいいです。入口は屋根の上にもあるので、いろんなところから入れます。大きなホールなので、何かイベントを開催するときはいろんな角度から楽しめそうです。

スラブの曲線に合わせて階段があります。下りたい!!

ということで早速階段へ!上ったり下りたりすごく楽しい!
「でも、校舎なのに講義室や研究室がないぞ?」と思っていると、地下があるらしいとの情報を入手しました。ホールの中にある白いカタマリから地下に向かいます。

右側がスタジオ、左側がギャラリースペースです。

ギャラリーは美術館みたいな佇まい。大阪芸大の先生方よる展示が行われていました。

ちなみに、研究室や講義室は地上部分にきれいに納まっていました。入口がしゃがまないと入れない大きさなのでびっくりしていたら、「通常は内側から出入りするんちゃう?」と山本。でもせっかくなので外から出入りしたいです!

 

とても大胆で刺激に溢れた建物でした!

大阪芸術大学へ1

Posted カテゴリー: 大阪

大阪芸術大学で2019年4月に新設されるアートサイエンス学科の新校舎の見学へ行ってきました。設計は妹島和代さんです。3層のスラブがふわっと重なっていて、とても綺麗です!

近づいてみると、スクールバスの停留所付近は屋根になっているのですが

芸坂(大阪芸大の入口にある大きな坂)を上ってすぐのところは建物へのエントランスになっています。「屋根に上る!」というだけですごくワクワクします!いそいそと屋根を上っていくと

2層目の屋根が近い!

柱も細いので視線の抜け感がすごいです!建物ではなく、ちょっとした丘を上っているような感覚です。

上りきって、テラス部分から上を見上げると空!うっかりすると屋根の上ということを忘れてしまいそうです。
屋根の上を満喫したのでテラスから建物の中へと向かいます。(続きます)