町家リノベーションのプレゼン

Posted カテゴリー: ’20-京都市東山区NF邸


京都市左京区の町屋リノベーション。ファーストプレゼンテーション案が出来ました。町家にしては間口が広めの建物ですが、大家族で生活する予定なのでスペースの確保に苦戦しました。

 


6台停められる駐輪場。これだけでかなりのスペースを消費します。コンパクトサイズの平面ラックを使って何とかクリアできました。


こどものブースは2段式にして、寝台列車的に。

 


階段の反対側は長細い空間を十分に活用したファミリークローゼット。


脱衣~洗濯機~クローゼット~物干し場、のスムーズな家事動線。


2階は大きなLDK。少し段差を設けながら階段の周りを回遊できるプラン。階段上のトップライトから1階へも日が射す設計。


家族の居間。右側はダイニングとしても利用できる畳の小上がり。左側はワークスペースとキッチン。


本を読みながらゴロゴロできる居間。


ロフトからの見下ろし。


外観。元の玄関ドアを撤去して、ガラスブロックを嵌めようと計画しています。

検査とお引き渡し。

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

建築工事が一通り完成し、確認検査機関による法的なチェック(完了検査)を受けました。着工してからの設計変更がほとんどなかったので、大変スムーズでした。工事の出来具合のチェックは建設会社による社内検査、私たちの設計検査、お施主様の施主検査、と繰り返し行って、細部の完成度を高めていきます。

 

お引渡しの様子。建設会社から引き渡し書類や鍵、設備機器についての説明があり、私たちは建築士法に基づく工事監理報告書を提出します。

今回は斜面地の計画で予算調整が難しく、設計と見積のバランスが取れるまで何度も設計変更を行い大苦戦しましたが、お施主様と建設会社さんのおかげで着工後は大きなトラブルもなく、コロナの影響を若干受けながらも計画どおり現場を進めることができました。ありがとうございます。

 

外部は引き続き外構の工事を進めています。今回は植栽は最低限に抑えて、砕石と平板コンクリートのデッキを敷く予定です。

 

ローコスト化のため、現場打ちの鉄筋コンクリートではなく、規格品のブロックで階段をつくることになりました。見積上は安くなったのですが、位置合わせが難しく、施工の難易度が上がってなかなか大変な様子です。

 

大きなキッチンの取付け

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

奈良県王寺町T邸。大きなオーダーキッチンの取付け中です。キッチン屋さんにはかなり細かな施工図を描いて頂いていたのですが、それでもこの大きさとなると色々トラブルもあり、苦戦中のようです。

 

内装工事は壁面の塗装も終わり、全体の雰囲気が分かるようになってきました。階段周りの手摺もCGどおり出来上がりました。

スケルトン・インフィル町家の実測

Posted カテゴリー: ’20-京都市東山区NF邸

京都市左京区から連棟町家の改修のご相談を頂き、さっそく実測に伺いました。戦前の建物らしいのですが床・壁・天井に化粧ベニヤが貼られていて構造体が全然見えません。普段、町家の実測では古い柱・梁の間隔から新築当初の設計者(大工棟梁)の頭の中を推理するので、これは強敵です。

少しベニヤを剥がして調べると、どうも連棟の界壁と屋根だけ残して、内部は骨組みごと換装されている雰囲気です。コンクリート造のマンションのように大きな構造体(スケルトン)の中に居住スペース(インフィル)が入れ子構造に収まっています。とはいえ界壁の土壁は既に朽ちていて、後から加えたインフィルが建物全体を構造的に支えているようだし・・・不思議です。

 

和室には柱らしきものがありますが、構造柱なのか付け柱なのか、容易に見分けがつきません。ローラー作戦で全箇所計測し、図面化しながら新築時やリフォーム時の痕跡を探っていきます。

内装工事中です

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

王寺町の住宅。内装工事が進んでいます。北側斜面に開いた大きな窓と、東西のスリット窓から光を取っています。直射日光があまり入らない設計なので一抹の不安がありましたが、プラスターボード貼りの状態でこのぐらいなら大丈夫。壁面を白く塗装すればもっと部屋は明るくなります。

 

サイディング外壁の塗装も終わり、足場も外れました。外観は竣工写真までのお楽しみということで。