大阪芸術大学へ2

Posted カテゴリー: 大阪

(前回の続き)アートサイエンス学科新校舎の内部。ぐるっとガラス張りなので明るく、外部の樹木に囲まれているようで気持ちがいいです。入口は屋根の上にもあるので、いろんなところから入れます。大きなホールなので、何かイベントを開催するときはいろんな角度から楽しめそうです。

スラブの曲線に合わせて階段があります。下りたい!!

ということで早速階段へ!上ったり下りたりすごく楽しい!
「でも、校舎なのに講義室や研究室がないぞ?」と思っていると、地下があるらしいとの情報を入手しました。ホールの中にある白いカタマリから地下に向かいます。

右側がスタジオ、左側がギャラリースペースです。

ギャラリーは美術館みたいな佇まい。大阪芸大の先生方よる展示が行われていました。

ちなみに、研究室や講義室は地上部分にきれいに納まっていました。入口がしゃがまないと入れない大きさなのでびっくりしていたら、「通常は内側から出入りするんちゃう?」と山本。でもせっかくなので外から出入りしたいです!

 

とても大胆で刺激に溢れた建物でした!

大阪芸術大学へ1

Posted カテゴリー: 大阪

大阪芸術大学で2019年4月に新設されるアートサイエンス学科の新校舎の見学へ行ってきました。設計は妹島和代さんです。3層のスラブがふわっと重なっていて、とても綺麗です!

近づいてみると、スクールバスの停留所付近は屋根になっているのですが

芸坂(大阪芸大の入口にある大きな坂)を上ってすぐのところは建物へのエントランスになっています。「屋根に上る!」というだけですごくワクワクします!いそいそと屋根を上っていくと

2層目の屋根が近い!

柱も細いので視線の抜け感がすごいです!建物ではなく、ちょっとした丘を上っているような感覚です。

上りきって、テラス部分から上を見上げると空!うっかりすると屋根の上ということを忘れてしまいそうです。
屋根の上を満喫したのでテラスから建物の中へと向かいます。(続きます)

 

moving days

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビルイベント

江戸堀のCalo Bookshop & Cafeさんで行われている「moving days 平野愛写真展」に行って来ました。人々の「引越し」に焦点を当てたとても珍しい写真集の巡回展です。大量の荷物が梱包されていく様子や、引越し作業のはずが懐かしい物についつい手が止まってしまう様子、荷物が新居に居心地よく収まって行く様子など、じっくり細かく見るほどに楽しめる内容です。

個人的には「家」や「住まい」として認識される空間と、「部屋」や「室」として認識される空間が、どこかの時点でふっと入れ替わる様に大変惹かれました。家具や物が少なくても「家」に見えたり、人が写った写真でも「部屋」に見えたり。

現場に通っていると、「資材」が「部屋」になる瞬間に立ち会えることがあります。それは劇的な変化で分かりやすいものです。一方「家」と「部屋」の違いはとても微かで、ひっそりしたものです。でも引越しする時、荷物を運び出してがらんどうになった部屋に入って、言いようのない寂寥感を感じる方は多いのではないかと思います。そういった微かで、しかし確実な変質の姿が良く捉えられているように思いました。

さて、この写真展を見に来たのは、写真集に納められている一室が「岡山ビル」のレジデンス「しかくの部屋」だからです。ものすごく自由で独特な間取りの部屋の中で、一体どんな生活をされていたんだろう、とずっと気になっていたので、「部屋」を「家」として良い感じに住みこなして頂いていた様子が見て取れて、設計者としても大変感激でした。

フランネルソファの展示会

Posted カテゴリー: イベント


南船場で行われたフランネルソファの展示会に伺いました。今設計中の住宅で採用検討しています。フランネルソファは名古屋の家具メーカーで大阪にはショールームがないのですが、以前の物件でもお施主様からお問い合わせを頂いたことがあり、今日の展示会も長蛇の列でした。人気ですね。

特殊なデザインではないので和にも洋にも使いやすく、寸法も海外製ソファより一まわり小ぶり、値段もめちゃくちゃ高くないという辺りが人気の秘密でしょうか。

気になったのがこちらの超ローソファ。無垢フローリングの床は非常に気持ちがよいので、こういったローソファと組み合わせて半床座の生活もなかなか快適そうです。生活する目線の高さはリビングテーブルやダイニングとの関係性もあり、なかなか奥が深いです。

舞洲に行ってきました(5)

Posted カテゴリー: 大阪


前回の続き)舞洲工場(ゴミ処理場)の施設は作業員のスペースもデザインされており、ゴミ収集車の計量塔の上や駐車スペースにも植栽が植えられていました。


収集車が着く場所・プラットホームの扉もカラフルです。


大きなクレーンでゴミを焼却炉の中へ。約5時間かけて灰にするとのこと。


施設内の空気を換気扇で吸い出して、ゴミ焼却用の空気として使っているそうです。超高温の炎で臭い物質もすっかり焼却されてしまうため、ものすごい量のゴミですが施設内は全然臭いがしませんでした。


最後に屋上へ。遠くに見えるのはスラッジセンター。緑が充実していて公園のような雰囲気。


くねくねとした小道を下り、見学は終了です。

普段は意識することがない下水処理のことやゴミ処理のことを学び、エコについて考える良い機会となりました。「技術とエコロジーと芸術の調和」をコンセプトに設計されたこの2つの施設は事前に申請すれば見学できるそうなので、興味のある方は申込みしてみてください!