ナインアワーズ なんば店に行ってきました

Posted カテゴリー: 大阪

初めてブログを書かせていただきます。4月から入所した文野です。よろしくお願いします。

僕の初めて書く記事は先日見学に行ったナインアワーズなんば店について。ナインアワーズは最近どんどん数が増えているカプセルホテルで、関西には現在3店舗あります。1時間(汗を洗い流す)+7時間(眠る)+1時間(身支度)で、合計ナインアワーズということらしいです。

 

なんばパークスのエスカレーターを上がって入っていくと、受付カウンターと広くて清潔感のあるレストスペース。

 

受付の奥にカプセルルームやシャワールームにつながる黒くて小さいトンネルのような一本の廊下。表の白い仕上げとは対照的で歩いているとだんだんお休みモードになっていきそうです。一本の照明もかっこいいです。

 

次はいよいよカプセルルーム。男性用と女性用でカプセルの色が違います。僕は赤坂のナインアワーズに泊まったことがあるのですが、カプセルは入ってみると意外と広くて結構快適でした。足元にはロールスクリーンがあるので他の人を気にすることなく、くつろぐことが出来ます。

 

カプセルホテルですが廊下が窓に面していて結構明るかったです。

 

シャワールームとロッカールームがスキップフロアになって繋がっています。ここも男性用と女性用で配色が違います。洗面の鏡の周りには照明が付いていて、芸能人のメイクルームのよう。

 

へこんだ休息スぺースは思わず入りたくなりました。独特な色合いで、優雅な感じです。オープンしたら人気のスペースになりそうです。

 

足元やいろんなところにかわいいピクトグラムが書かれていて分かりやすいです。

 

 

これからも時々ブログに登場しますので、よろしくお願いします!

HOSTEL64のクロージング

Posted カテゴリー: イベント

この4月で、大阪市西区にあるHOSTEL64が閉業しました。クロージングイベントの最終日に滑り込みできました。

 

HOSTEL64はアートアンドクラフトが運営するデザインホステル。2010年、独立後間もなく暇を持て余していた頃に、ご縁あって立ち上げのお手伝いをさせて頂きました。今ではインバウンドの恩恵でゲストハウス隆盛、設計事務所がデザインすることもごく一般的になりましたが、当時は殆どそういう業態がない時代でした。隔世の感と共に、その先見性にはいつもながら感心します。久々訪れたロビーには、懐かしい空間がそのままに、少しずつ全体的にくたびれながら、良い時間が流れていました。

 

懐かしいマグカップとサプライズ再会。当時は、建築の設計関係はほぼ出来上がっていたので、こういった小物類の調達のお手伝いをさせて頂きました。その後アートアンクラフトさんとは幾つかの物件で協働させて頂き、そのご縁で今もお世話になっている方々がたくさんいます。自分の中では本当に貴重なプロジェクトです。

HOSTEL64については、オープン当初の諸々に加えて、一周年記念のパーティーも強い印象に残っています。スケジュールを見返すと2011年3月13日。震災・津波の2日後です。日本中が大混乱になって、原発はメルトダウンして(当時は分からなかった訳ですが)、電気も足りなくて、先行きが全く分からない中、それでも大阪は元気出していこう、という熱いイベントになったことをよく覚えています。

 
懐かしくて、旧ブログから当時の記事を掘り出しました。

http://yyaa.jp/blog/7263/

 

閉店の寂しさと共に、リノベーションゲストハウスの嚆矢としての役目を全うしたと思うと清々しくもあります。ありがとう、ロクヨン。

クリスチャン・ボルタンスキー展

Posted カテゴリー: イベント

中之島の国立国際美術館で開かれているクリスチャン・ボルタンスキー展に行ってきました。ボルタンスキー氏はユダヤ系フランス人アーティスト。日本国内では、香川県の豊島にある「心臓音のアーカイブ」が有名です。やまもとも豊島の作品が強く印象に残っていて、是非この展覧会は見たいと思っていたのでした。

 

豊島の作品も非常にシリアスで重いテーマですが、今回は国内初の大規模回顧展ということで、質・量ともそれを遥かに凌駕するものです。彼の作品のキーワードは「トラウマ」。この展覧会はまさに彼のトラウマの世界に迷い込んだような空間です。ここでの体験はおそらく一生リフレインして離れないのではないか・・・それほど強いインパクトでした。

 

アーティスト本人が構成したうす暗い会場には、件の大音量心臓音、くじらと交信するための装置(くじらの鳴き声のような音がする)、無数の風鈴の音が重なりながら響き渡っています。壁と天井に掲げられた無数の人物のモノクロ顔写真と、ピンスポで照らし出された展示物が暗示する人の死や不在。彼の作品の根底には絶えず「死」への問いかけがあり、それは多分に親族から伝え聞いたホロコーストの惨状の影響によるものだということですが、ここには実際の戦争のフィルムや遺物は一切ありません。しかし敢えて具体的な事件を引用しないことで、人間が人間に行ってきた様々な負の歴史が重く心にのしかかってきます。広島の平和記念館資料に入った時に感じる、あの感覚です。

 

「私の作品は、この場所そのものとそれにまつわる歴史的な記憶と悲劇、そしてそれらに対する私の解釈からなる一種のコラージュのようなものです。来てくれた一人ひとりが長い時間をかけて沈黙し、私の作品を通じて亡霊たちを見て、聞いて、感じてほしいと願います。(美術手帖 2016/9)」

 

トラウマ必至なので決して万人におすすめではありませんが、ご興味のある方は是非どうぞ。

(大阪展は5/6まで。http://www.nmao.go.jp/exhibition/2018/post_189.html

 

 

奈良の建築めぐり:郵便名柄館

Posted カテゴリー: 奈良

奈良県御所市の住宅計画。午後からお施主様・工務店と現地調査なので、少し早めに出て、近くにある郵便局を改装したカフェでランチすることにしました。古い集落の中に和洋折衷のレトロな建物がよく馴染んでいます。薄いピンクの板張りにポストが映えますね。

 

 

期待が高まる入口。丁寧に保存され、リノベーションされていることがよく分かります。

 

 

エントランスホールは割とそのままの雰囲気。奥は公衆電話です。

 

 

古切手。販売中。もちろん使えます。

 

 

明るい店内。ダクト空調に本気度を感じますねえ。

 

 

コーヒーを頼むとレトロなテーブルの中にある筆記用具で手紙が書けます。ゆっくりした時間がうれしい。今日はランチなので残念ながら。

 

 

そしてランチ。吐田米をはじめ、味噌やしょうゆなど地元の食材が満載。これはかなり幸せ。ごはんはおかずと一緒に食べるともったいないぐらいの粒立ちでした。

 

本日のお品書き。ごちそうさまでした。お施主様にもおすすめしよう。

 

 

奈良の建築めぐり:大和郡山市役所庁舎

Posted カテゴリー: 奈良

大和郡山で戸建リノベの現場調査。割と新しい住宅なのでサラっと実測を終えて、近くの市役所へ確認申請などの書類を調べに行きました。

 

郡山城趾の南東に位置する郡山市役所。中に入るのは初めてです。設計は日本武道館や京都タワーの設計者として有名な山田守。現存する作品が少なく、市庁舎に至っては実作がここだけ、ということでかなり貴重な建築です。ただ、1961年築ということでかなり痛みが激しく、増改築も繰り返されていて、原形を留めているのは一部だけのようです。

 

市役所南側のアプローチはかつての大和郡山城の中堀。百寿橋という橋が架かっています。この橋は戦前につくられているので違うらしいですが・・・

 

橋の袂ににある石が山田守設計なんだそうです。言われてみれば確かにそれらしいポッテリしたデザイン。

 

建物の西半分(旧館)がオリジナル。東半分(新館)は1977築の増築です。いわゆるインターナショナル・スタイルで、いかにも山田守という感じではないですが、時代を感じさせる風貌です。うまくリノベーションしてやれば十分カッコよくなる雰囲気はあります。

 

旧館の東側。東西の連結部。

 

旧館の裏手。引き違いのスチールサッシはもう動かないだろうなぁ。一昔前の国立大学の雰囲気。

 

旧館の階段室。漏水の応急措置が生々しいですが、見ようによってはなかなか趣があります。

 

この時代の市役所庁舎でいまだに鉄骨ブレースの耐震補強工事を行っていないものは珍しいのですが、平成18年に実施した耐震診断ではIs値0.07(!)。これはいつ地震でぺしゃんこになっても全く不思議ではないレベルです。現在庁舎の建替え設計が進んでいるそうなので、大きな費用をかけて耐震改修を行うより建替えの準備が出来るまでじっと粘ろう、という作戦のようですが、いやはや実に危険な賭けですねえ。

 

で、肝心な書類の調査。担当部署に伺うと、

「いやー、その書類の管轄はうちじゃなくて土木事務所なんですよ。」

「・・・。」

 

 

参考文献:大和郡山市庁舎建設基本計画(案)