兵庫の建築巡り:武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)

Posted カテゴリー: 兵庫

神戸松蔭女子学院大学のインテリアの講義では、半期に一度、学外研修を組み込んでいます。今年度は西宮市にある武庫川女子大学の甲子園会館を見学させて頂けることになりました。今は大学のキャンパスとして利用されていますが、かつては甲子園ホテルという豪華なホテルで、東の帝国ホテル・西の甲子園ホテルと言われた程の存在です。東京の帝国ホテルは既に解体されていますので、極めて貴重な建築です。建築や歴史に造詣が深い大学の方に案内して頂きながら、贅沢な見学会になりました。

 

どうして今回この建築なのかというと、諸事情ありますが、見ての通りの理由が一番です。NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」の撮影でつい最近使われたばかり。タイムリーなドラマのロケ地なら学生に興味を持ってもらいやすいのでは、いう策です。それはともかく、この中央の泉に射す5筋の光。

 

対面するハイサイドライトからの自然光です。冬至の日に光が的確に泉に落ちる設計ということで、冬至の少し前・かつ晴天だったこの日は、ほぼ理想的な状態でした。冬至の日には毎年見学会も開かれているそうです。

 

吹き抜けのあるラウンジ。左手に見える廊下から若干レベルを上げています。右手には松林。舞台が如き演出が見事です。さらにラウンジの下は厨房になっていて階上にサービスできる設計と聞くと、もはや唸るしかありません。厨房部分は現在、武庫川女子大学の建築学科のアトリエになっています。何とも恵まれた環境ですね。

 

ラウンジからつながるメインホール。2階のブリッジはオーケストラが入るスペース。舞踏会で山田耕筰がオーケストラを指揮したなど、伝説的な話がいくつもありますが、関西人なら「創立の翌年、チームの激励会で六甲颪(のオリジナルである大阪タイガースの歌)が初披露された場所」と聞くとその凄みが一番よく伝わります。

 


ホールの天井。アール・デコと和風の折衷。

 


ホール中央部の天蓋。元は金箔貼りだったそうです(現在はペイント)。金箔は成金イメージがありますが、金メッキと違って上品な輝きがあります。白黒写真しか残っていないため往時の姿は分かりませんが、きっと素晴らしい空間だったことでしょう。いつか復元してほしいものです。

小部屋のフロアタイル。大阪の豪華レトロ建築、綿業会館の談話室にあるタイルタペストリーと同じ、泰山製陶所の作品なんだそうです。どうやって貼ったんでしょうね、これ。

 

南側外観。東京の帝国ホテルや自由学園、芦屋の山邑邸はフランク・ロイド・ライトの設計とされていますが、実施設計ではその弟子である遠藤新が主要な役割を果たしています。旧甲子園ホテルの設計者はその遠藤新なので内容的にライト作品と遜色がなく、ライト自身も非常に評価していた記録があるとのこと(椅子は気に入らなかったそうですが)。シグネチャーモデルかどうか、ぐらいの違いですね。

 

屋根のアップ。建物全体に「打ち出の小槌」と「滴る滴」をデザインモチーフに様々な装飾がデザインされています。お金がどんどん沸いてどんどん滴る、いわゆるトリクル・ダウン。ライトの謎めいたマヤ風デザインが関西人の分かりやすい商売繁盛デザインに刷り替わっていて痛快です。

 

ライト印の細密な外壁意匠。山邑邸と違ってこの建物では大谷石を使っていないので、100年近く経っても比較的状態は良好です。

 

そんな感じで甲子園会館の見学は終了。その後、松林を挟んで建っている建築スタジオ棟も見学させて頂くことができました。設計は日建設計。こちらはまだ新しい建物です。

 

うちの学生たちはバリバリの建築学科ではないので、大きな模型や図面が所狭しと並ぶカオスな建築学科の雰囲気に刺激を受けたようでした。引率のやまもとはエッジの効いた日建ディテールを見ながら一人ため息。

 

建築スタジオの屋上から甲子園ホテルを見る。阪神間でこの広大な敷地。本当に贅沢な場所です。貴重なレトロ建築と、予定外に建築学科の建物も見学させて頂くことが出来、非常に実りのある学外研修となりました。ありがとうございました。

兵庫の建築めぐり:六甲の集合住宅

Posted カテゴリー: 兵庫

寒い寒い六甲山に毎週上った大学の後期授業も、なんとか無事に終了しました。時間と気持ちの余裕が出来たので、ずっと気になっていたお隣の集合住宅を見学に。一番ふもとにあるのが第Ⅰ期。さすがに原型というか、デザインの密度をひしひし感じることが出来てとても良いですね。そして予想以上のガケ感。

 

その右手が第Ⅱ期。ちょっとテイストが違いますね。

 

第Ⅱ期のメインエントランス。中央に写っているハコがオートロックのセキュリティチェック。そこを抜けると禅寺のような階段が。

 

 

一段上の基壇に建つ、巨大な第Ⅲ期。

 

 

裏手も格好よい第Ⅲ期。

 

ちなみに第Ⅰ期から少し離れたところに見えるアール壁のビル群。違う設計者かなぁと思ったんですが、これが第Ⅳ期なんだそうです。

 

六甲に来るのはまた半年後。今年度の経験を生かして、さらに質・量の充実した授業にしたいと思います。

兵庫の建築めぐり:圓教寺

Posted カテゴリー: 兵庫

姫路に行ったついでに、前々から気になっていた書写山圓教寺へ。天台宗別格本山。西国二十七番札所。

 

かなり険しい山の斜面一帯に伽藍が広がっています。境内へは下界からロープウェイと送迎バス(というか車)で。

 

掛け造りが見事な摩尼殿。創建は970年ですが、現存する建物は1933年築で設計はなんと武田五一。往年の巨匠たちはコンクリート造も寺社も設計してしまうのがすごいところ。

 

 

 

摩尼殿を抜けて巨木の生い茂る森を抜けると、3つの巨大な建物が現れます。左:常行堂、正面:食堂、右:大講堂。

 

常行堂。かなりスケールアウトした存在感。とにかく、でかい。

 

大講堂。

 

お目当ての食堂(じきどう)。映画ラストサムライや大河ドラマ武蔵、軍師官兵衛、その他諸々の撮影で使われた建物です。二階建の食堂は他に類を見ない形式。1174年築の重要文化財ですが、内部は展示館になっていて無料で入れます。


圧巻の縁側。ここは古いもの以外全く目に入らないので、時代もののロケ地としては最適ですね。

食堂二階裏手。

 

巨大な建築物がこれだけまとまって残っている寺院は、奈良以外ではかなり希少です。都から遠く離れた山の上なので戦火を逃れたのでしょう。にしてもこれだけの資材を運び込む技術と労力には想像が追いつきません。

兵庫の建築めぐり:旧・風の教会

Posted カテゴリー: 兵庫


旧六甲オリエンタルホテル内にある安藤忠雄氏設計の教会。ホテルの営業終了に伴い閉鎖されていますが、六甲ミーツアートの会場として期限付き開館中。

 

 

チャペルへのアプローチ。六甲山上の厳しい環境のためか、かなり傷みが目立ちます。

 

チャペル内部。廃墟状態。音が大きく響く室内を生かして音のインスタレーションが仕掛けられていました。

 


光の教会と比べると大変悲しい状況ですが、こうやって公開される機会が増えていけばよいなと思います。

兵庫の建築めぐり:KHギャラリー芦屋 (旧小篠邸)

Posted カテゴリー: 兵庫

兵庫県芦屋市。新しくオープンしたKHギャラリー芦屋に行ってきました。このギャラリーはコシノヒロコさんの元自邸で今までは非公開でしたが、最近コシノヒロコさんの作品を展示するギャラリーに改装され、一般公開がはじまりました。

 

我々が行った日は、下界は大変な暑さでしたが、芦屋の山中は涼しく一面霧の中。安藤氏の建築と霧はとてもよく似合います。

 

寸法体系が普段馴染みのある公共の安藤建築よりずっと小さい。手に触れる距離感で各部作られています。

 

扇形の部分は寝室棟。

 

 

 


琉球畳敷の和室。壁・天井は和紙貼。

 

床と畳寄はOMZPの鉄板。恰好良い。

 

和室に向かい合う形でメインホール。元はリビングだったそうです。

 

窓の外は霧中に大きな松林のパノラマ。

 

作品は、実際にコシノヒロコさんがコレクションで使用した生地を再構成したものということです。そうか。絵も上手いんでしたね。カーネーションで見ました。

 

 

 

階段手すりのディテール。

 

元ダイニングだった天井の高い展示室。

 

キッチン・・・というかもはや厨房。

 

特別に主寝室も見せて頂きました♪

 

 

アールのついた造作家具は、裏面がウォークインクローゼットになっています。

 

引き出しも湾曲してます。

 

ゴージャスなバスルーム。

 

ヒューマンスケールな設計と、それを住みこなす住み手のセンス。冷たいコンクリートに何だか温かさすら感じる住宅でした。ありがとうございました。

見学は予約制です。詳しくはこちら。
KH Galleryのホームページ