ファーストプレゼン

Posted カテゴリー: '18-奈良県大和郡山市K邸

大和郡山の戸建てリノベ。お施主様にファーストプレゼンを行いました。

 

大きめ住宅の2階部分を全面改装して、1階親世帯・2階子世帯の分離型の2世帯住宅にする計画です。

 

30畳オーバーの大きなLDK。手前はパネルヒーターで軽く仕切ったライブラリ。奥は可動間仕切りで来客時のゲストルームとして利用できる設え。

 

可動間仕切りの奥は既存の住宅用エレベーター。リビング直結のエレベーターは使いやすいのですが、いかんせん施設感が出てしまうので、間仕切りと絡めて視線に入らないよう配慮しています。

 

俯瞰。窓際に数珠つなぎに個室を並べて、回遊できる間取り。採光の取れない中央に大きなファミリークローゼットを配置して各方向からアクセス。全体的にホワイトとグレー、やさしい色味のフローリングでコントラスト抑えめの色彩計画としています。上質な時間が流れる空間になればよいですね。

 

 

石ヶ辻町の計画

Posted カテゴリー: 3.Idea

大阪市天王寺区石ヶ辻町。。。事務所徒歩2分のところにある新プロジェクトの敷地です。特区民泊利用を想定した集合住宅の計画。現在まだ古い建物が建っている段階ですが、とりあえず付近の様子を調査しています。ふだん何気なく通っていている場所でも、つくり手側の視線で見るといろいろな発見があってなかなか楽しいものです。

 

敷地境界探し。側溝蓋を持ち上げてようやく発見!

 

既存建物の2階からの眺め。南向きで大きな道路と並木のグリーン。なかなか贅沢な立地条件です。気持ちの良い空間になりそうです。

 

 

一年点検と新たな計画

Posted カテゴリー: '19-昭和小路の長屋 II

昨年1月に竣工した京都六原の『昭和小路の長屋』。一年点検に伺いました。賃貸物件なので残念ながら内部の写真はありませんが、砂利と土間だけだった南北の坪庭には凛とした雰囲気の鉢植えが入り、居間スペースには炬燵と仙徳の火鉢(雰囲気を壊すからとTVは無し)、靴収納の予定で設計した半オープン棚は茶器が並ぶ立派な水屋になっていて感激しました。私たちの設計は町家に取り付いた色々な垢を落とす作業だったので、そこに見事な設えが加わってようやく一つの京町家が出来上がったように思います。オーナー様・入居者さまに感謝、感謝。

 

さて、この「昭和小路」界隈にはまだまだ手付かずの長屋がたくさんあり、入退去のタイミングでもう一件リノベーションを行うことになりました。今日はその現地調査の下見も兼ねています。

前回よりも大きめの区画なので、比較的プランニングの制約は少ない雰囲気です。しかし建物の状態はやはり悪く、ジャッキアップや構造補強も必須、コスト調整は難航しそうです。

建替え敷地調査

Posted カテゴリー: 3.Idea

大阪市阿倍野区から新築住宅のご相談を頂き、敷地調査に向かいました。阿倍野区の下町は「阿倍氏」の阿倍野、晴明神社もあって、独特の空気感があります。上町台地の斜面地で変形地も多く、難しい条件のためか建築家の設計した住宅も多いように思います。

敷地にはまだ古家が建っているので、調査といっても資料集めではなく、イメージを膨らませる事が目的です。残念ながら啓示を受けたようにプランが降りてくる事はなかなかありませんが、方角や高低差、周辺の雰囲気、先に書いたような地勢や歴史を体感しておくとデザインのインスピレーションを得るきっかけになります。

今回は周りを3階建ての住宅が取り囲んでいる立地のため、南側道路ですが日当たりを確保するのが難しそうです。プライバシーの確保も課題になりそう。

 

塀がお隣と一体になっているのですが、これ以上ないぐらい境界がはっきり分かりました(笑)。

ファーストプレゼン案

Posted カテゴリー: 3.Idea

奈良市のマンションリノベーション。ファーストプレゼン案ができました。

パンづくりが出来るように、大きめのカウンターのあるキッチンを中心に居間を構成しています。リビングよりダイニング・キッチンに比重を置いた設計です。

キッチンの奥にゲストルームを兼ねた和室。フルオープンの状態では南北に風がよく通ります。

洗面室は明るい窓際へ。マンションの中に「光の入る大きな洗面室」をつくると、なんだかとっても贅沢で居心地のよい空間になります。


寝室。エアコンの配管スペースをうまく処理してワークスペースも確保できそうです。

コンパクトですが回遊性のある間取りです。マンションリノベーションではパイプスペースや窓の位置との関係から、思ったようなプランに出来ずに散々悩むことが多いのですが、今回は無駄なく非常にスムーズに各所収まりました。小さめマンションの優等生プランです。