解体工事を行いました

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸

奈良市T邸。内部の土壁を解体しました。構造体だけの状態も迫力があって格好良いです。

 

土壁下地材の竹小舞が出てきました。

土の搬出が完了したら、隠れていた梁の架かり方や柱の足元の状態などを確認します。

 

現場の帰りに道路を闊歩する鹿を発見。(み)

地鎮祭

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸

奈良市内にある大きな古屋の改修計画。既存部分の解体工事を始めるにあたり、地鎮祭を行いました。僕は初めて地鎮祭に参列したのですが、思っていたよりもずっと神聖な雰囲気で、かなり緊張しました。

 

計画している建物の四隅を神主さんがお祓いしてくださっています。

 

玉串拝礼。榊の枝を神前にお供えします。

いよいよ工事が始まります。気を引き締めて、よい建物になるように頑張ります。(ぶ)

工事に向けて詳細調査

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸

奈良市の古民家改修。お施主様との打合せの中で多少プランを変更しつつ、実施設計を進めています。詳細図面を描くにあたって再度、梁のサイズや掛かり方を現場で調査しました。お寺の庫裏のようなぐにゃぐにゃ丸太梁は全てそのまま活用する予定です。

 

お約束の屋根裏調査。埃がすごいですが、状態は良い感じです。

 

耐震改修といえば骨組みに筋交いを追加したり接合部を金物で補強するイメージが強いのですが、設計する上で難しいのは足元です。今回はコンクリートの基礎がきちんとあり、腐朽もそれほどではないので比較的対応しやすいですが、それでも既存の基礎は強度に不安があるので、内側にベタ基礎を打ち直す必要がありそうです。

 

今日は工務店さんや電気・水道の職人さんにも来て頂いて問題点を検証しました。給水管と違って排水管には水圧がなく、管の勾配によって自然と水・汚物が流れる仕組みのため、既存の排水管の高さと新設する配管の距離から逆算して室内の床高さを設定する必要があります。マンホールを開けたところ排水管が浅く、当初予定よりもう少し床を上げて対応することになりました。

ファーストプレゼン

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸

奈良市の大きな古家リノベ。お施主様にファーストプレゼンを行いました。2層吹き抜けの大空間をそのままLDKとして活用します。部屋の中央には効果抜群な薪ストーブを。1階に光が入りにくい断面形状なので、ハイサイドライトとトップライトを活用しています。

 

既存建物との関係や複雑な生活動線・来客動線など、古い家特有のフラグを一つずつクリアさせながらプランニングを進めていきます。

 

 

 

 

古くて大きな家

Posted カテゴリー: '19-奈良市T邸3.Idea

奈良市より古民家リノベのご相談を頂き、プランニングに先立って実測調査を行いました。古民家・・・といっても元々倉庫として使われていた建物なので、ほとんどがらんどうなのですが、なにしろこのサイズ。酒蔵のような空間です。ここに吹き抜けのあるリビングを・・と想像すると、わくわくしますね。

 

古い土壁が非常~に良い感じなのですが、劣化してフカフカの状態。竹小舞との付着がない土壁は上塗りしても落ちてしまいます。残念ですが一度全部取ってしまわねば。構造補強ももちろん必要です。

 

ぐねぐね丸太梁。いつもながら昔の棟梁さんの適材適所・融通無碍な技の数々に惚れ惚れします。しかしこれが非常に図面化しにくい。途中で曲がっていますし、継いでいますし、直径も変わります。

 

実現には非常に多くのハードルがあり困難な道のりですが、いくつか古民家のリノベを経験できたおかげで、まあ時間さえかければ何とかなるんじゃないかと思えるようになりました。