民泊現地調査

Posted カテゴリー: 3.Projects

大阪市内からビルを利用した特区民泊のご依頼を頂き、現地調査へ。私たちの事務所では民泊のご相談は初です。先日完成したゲストハウス・シェアハウスに続き、新しい用途のご依頼には時代の流れを感じます。ビルは既にスケルトン状態なので調査はスムーズに出来ました。

内装のデザイン自体は問題なさそうですが、何より法律をうまくクリアできるかが気になります。建築基準法、旅館業法、消防法、とりあえず法律面のチェックから進めることになりました。

12面体スピーカー

Posted カテゴリー: '17-奈良県王寺町T邸道具

王寺町の住宅で検討中のスピーカーを視聴するため、奈良市にあるsonihouseさんへ伺いました。

 

ソファに座ってスピーカーの響きを視聴させて頂きました。細部までくっきり聴こえるスピーカーから流れる音に聞き耳を立てていると、普段は分からないような演奏者の息遣いやノイズが次第に浮かび上がってきます。照明のない真っ暗な山奥で夜星を眺める感覚に近いでしょうか。最近はmp3のスカスカ音楽にすっかり馴染んでしまっているので、何だか心が洗われるような体験でした。

住宅の音響設計では、スピーカーを置く位置や台数、床への接し方、室内の床・壁・天井仕上げにシビアな注文が出ることが多く、さらに室内のある一箇所で聞くとベストに聞こえる、というセッティングを目指すことが当たり前になっているように思います。しかし実際、家全体を音響に最適化した建材でくるむことはほぼ不可能ですし、建物の中で人間は動き回りますので、じっと一箇所に座っている時だけ実力を発揮する音響設備ではいくら音が良くても生活の一部分にはなりません。

その点、このスピーカーのような無指向性のスピーカー(多面体の各面から音が放出される)は、空間全体に音を届けられる仕組みによって(もちろんベストな立ち位置はありますが)片側のスピーカーに近づいたり、遠くに離れてみたりしても急にバランスが崩れることがなく、音楽が人間の生活に無理のない形で寄り添ってくるような幸せな関係性があって、住空間には大変適しているように思われました。

 

ちなみにsonihouseさんの外観。なんだか料理屋のような佇まい。聞けばなるほど、お寿司屋さんだった建物をリノベしているそうです。和な感じは割り切ってそのまま残しているのが今時ですね。

第2案

Posted カテゴリー: '17-奈良県王寺町T邸

奈良県王寺町の住宅。第2案の模型です。水廻りの上を利用したロフトをつくり、2階建てを斜面に沿ってずらした3層構造になりました。

さらにお施主様と打ち合わせしながら設計を進めています。どんどん中身が濃くなって、間取りの無駄が省かれていきます。今月からいよいよ実施設計です。

Renovation Project in Kaohsiung

Posted カテゴリー: 3.Projects

今年春から進めている台湾のプロジェクト。コンドミニアムのエントランス改修です。ちなみに共用部ではなく、住戸の入口です。

 

天井の高い鉄筋コンクリート造、土足、人工照明下、という条件下で「和」をどう引用するか、試行錯誤しています。

 

簡単に現地に行けない中でデザインをどう実現していくか、課題が山積です。

 

山あいのピザ店。ファーストプレゼン

Posted カテゴリー: 3.Projects

奈良市。山あいの古民家ピザ屋さん。プレゼンテーション案が出来ました。既存の古民家の中にカウンターと厨房、ピザ釜を配置します。お施主様の思い入れが強い建物なので出来る限り既存部分には手を加えず、余裕のあるスペースを大きく使ってお店の核となる部分をつくり、客動線と従業員動線を整理しました。

 

母屋から張り出したトイレ棟。かなり開放的に作りながら客席・外部からの視線は遮る設計。

 

今回はお施主様からスケッチで、というご希望を頂いたので手書きで透視図をつくりました。製図板でまともに作図するのは久しぶりなので、1枚目より2枚目のほうが狂いが少ないですね。やはり町屋や古民家の計画案はCGより手書きのほうがしっくりきます。手間暇はかかりますが、リハビリを兼ねてこれからも時々は手書きを挟んでいきたいと思います。