写真撮影

Posted カテゴリー: '19 昭和小路の長屋 II

昭和小路の長屋II。竣工写真を撮影しました。カメラマンは笹倉洋平くん。前回は防火用水がガビガビに凍る氷点下の撮影だったので、今回は大変快適です♪

まだまだ古い長屋住戸が多いので、定点観測のような感じで時代のうつりかわりを追っていければと思っています。

完成しました。

Posted カテゴリー: '19 昭和小路の長屋 II

昭和小路の長屋Ⅱ。工事が一通り完成し、設計検査を行いました。元がかなり悪い状態だったので、感慨ひとしおです。今回は壁・天井を白で仕上げたおかげで、ずいぶん室内が明るくなりました。キッチンはtoolboxのミニマルキッチンを採用しています。ごくシンプルですが、なかなかエッジが効いていて恰好良いです。町家の空間にも違和感なく収まっていますね。

寸止め仕上げ

Posted カテゴリー: '19 昭和小路の長屋 II

長屋のリノベ現場。大工工事がほぼ終了し、左官屋さんが壁の補修を行っています。現在中塗りが終わった段階なので、通常ならこの上に仕上材を塗るのですが、少し粒の粗いホワイトグレーがなかなか良い風合いなので、もう一度中塗り材を塗って仕上げることになりました。

床・壁・天井が合板仕上げの2階。通常なら自然塗料で塗装するのですが、今回は無塗装。素地のままで終わりです。1階も2階も「仕上」の一歩手前の状態で止めるデザインとなりました。「仕上=化粧」がないことで、よりソリッドな空間になるのでは、と期待しています。

 

古建具屋さんで調達した書院障子が、それに合わせて設えた窓枠に綺麗に収まりました。どこのお宅にあった建具か分かりませんが、再就職先が決まってよかったね。

 

 

配管の更新

Posted カテゴリー: '19 昭和小路の長屋 II

古い町家の改修では設備配管の更新も難題の一つです。古くなった配管は劣化していたり場合によっては鉛が使われていたりするため、大規模なリノベを行う場合は出来るだけ交換するほうが得策です。今回も敷地内の給水・排水・ガスの配管は全て交換します。

 

とはいえ、既存の建物の下に入り込んでいる配管を交換することはなかなか大変。土間を少しずつ割りながら、既存を傷めないように工事を行う必要があります。今回は大きな障害もなく交換できてラッキーでした。

 

 

受賞:住まいのリフォームコンクール

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋受賞

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

弊所が設計監理しました「昭和小路の長屋」が公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催の「第36回住まいのリフォームコンクール」にて住宅部門・優秀賞を受賞しました。

www.chord.or.jp/tokei/pdf/konk36.pdf

住まいのリフォームコンクールは「おうとくケアセンター」で賞を頂いて以来、2回目の受賞です。おうとくケアセンターは当時まだ珍しかった古ビルの福祉コンバージョン事例ということで評価を頂いたのですが、今回は賃貸向け京町屋のリノベーションということで、やはり珍しい事例として評価して頂いたのではないかと思います(他の受賞作は皆さん戸建てか分譲マンションのリノベなので・・・・)。

 

レトロな風情が残る六原の昭和小路では、現在2期工事が進行中。少し広い区画で間取も異なるので、ファミリーを対象としたカラッと明るいイメージで設計しています。受賞を糧に、引き続きがんばって現場監理したいと思います。