DIY以上プロ未満のPタイル施工

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201のリノベーション。既存の床の上にPタイル(プラスチック・タイル)を施工中。今回は割とクールな印象のコンクリート調Pタイルを使用します。

 

Pタイルは通常、粘着性の高い糊を使用して接着貼りしますが、一度糊付けしてしまうと、次に模様替えするためには既存のフローリングもろとも交換しなければならず、工事が非常に大掛かりになってしまいます。賃貸マンションではローコストかつ容易に修繕や模様替えが可能なほうが良いため、今回は既存のフローリングシートの上に両面テープ貼りで施工を行うことにしました。

 

しかしイレギュラーな施工法を工務店さんに断られてしまい、やむなく私たちの事務所スタッフで自主施工することに。。。以前Katamariを自主施工した経験から、ある程度Pタイルの特性は分かっているので今回はその応用編です。

 

 

壁や建具、設備との境界部分には微妙な切り欠きが必要な箇所がたくさんあり、なかなか手間がかかる作業となりました。プロに任せるほどのクオリティは出ませんが、DIYの素人工事よりは丁寧な仕上がりです。

 

制約の多い賃貸物件のリノベーションではクオリティとコスト、デザインの落としどころが必要です。今回はカーテンがデザインの主題なので、床にかけるコストは最小限に抑えてメインディッシュに注力する計画です。

床工事が終わるといよいよカーテン工事が始まります。

現場うちあわせ

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201。現場で設計・施工チーム合同打合せ。ワンルーム賃貸なので簡単かと思いきや、一般的な工事ではない分ディテールに四苦八苦。それぞれのメンバーの経験を生かして知恵を絞ります。

 

紙テープで記した下地位置を見ながら出来上がり状況をイメージ。良い感じになってきました。

 

眠れる森の美女の部屋(案)

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

ローコストワンルーム賃貸の改修。計画案がまとまり、実現に向けて動き出しました。室内の扉という扉を全部取っ払って、色々なものがヴェールで包まれたような空間を目指します。極めてローコストですが、かなり振り切ったプランになったので出来上がりが楽しみです。

 

 

天蓋のようなベッドルーム。オーナー様からは「眠りの森の美女的な」とコメントを頂きました。そんな雰囲気の部屋になれば大成功。イメージを具現化すべく、ディテールの詰めを行っていきます。

 

 

 

Dias#201の計画

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺


一昨年、外装と102号室のリノベを行った大阪市東住吉区のDias。空室が出たタイミングで今度は201号室をリノベーションすることになりました。

 

ほぼスケルトンまで解体して水回りを総入れ替えした前回と違って、今回は最小限の予算で最大限の効果を発揮する計画を練らねばなりません。単に壁の色・床の色を変える、といった表層の操作では劇的な効果は望めないため、思い切った空間の使い方の提案が出来ればと思っています。