検査・検査・検査。

Posted カテゴリー: '15-奈良市ツタビル

奈良市京終のゲスト&シェアハウス。一通り工事が完成し、消防検査、施工者検査、設計者検査、施主検査、と順番に検査を行いました。たくさんの目で見ることで、徐々に建物の完成度が上がっていきます。今回は「用途変更申請」のため、建築基準法上の完了検査はありませんが、代わりに消防検査の厳しさが2倍。。。色々ご指摘を頂きつつ、何とかOKを頂くことができました。

設計者がお手伝いできるのはここまで。開業に向けて、事業主様の作業が本格化します。

ZEB補助金の完了検査

Posted カテゴリー: '15-奈良市ツタビル

奈良市のゲスト&シェアハウス。ZEB実証事業補助金の完了検査を受けました。担当者の方々にはわざわざ東京から奈良の片田舎までお越し頂き恐縮です。補助対象となっている設備機器やサッシなどの数量や取付状況を入念にチェック。

 

多少の指摘を受けて冷や汗をかきつつ、何とか無事に検査をクリアすることが出来、お施主様共々一安心。現場は完成に向けて急ピッチに作業が進みます。

断熱化

Posted カテゴリー: '15-奈良市ツタビル

奈良市のシェアハウス。ZEB化のメインメニューである断熱工事が完了しました。壁の吹付けはおなじみの硬質ウレタンフォームです。

 

サッシの取替え・新設も完了しています。ビル用の高断熱サッシはかなり高価なので、木造住宅用の防火設備対応・高断熱サッシを採用してローコスト化を図っています。

解体が終わりました。

Posted カテゴリー: '15-奈良市ツタビル

奈良市の古ビルコンバージョン。解体工事がほぼ終了しました。外壁周りは断熱性ゼロだったので今回の工事で硬質ウレタンフォームを吹付けます。アルミサッシも高断熱サッシに取り替える予定です。

 

最上階。新築時の御幣が出てきました。記録に残っている通りの日付が入っています。鉄骨造では上棟式を行うことは少ないので、割と愛情をもって作られた建物であることが分かりますね。タイムカプセルを開けるような感じです。

古ビル解体中。

Posted カテゴリー: '15-奈良市ツタビル

奈良市のツタビル。解体工事がはじまりました。内部はスケルトンに戻しますが、外観はほぼそのまま再利用するため、おうとくセンターの時のように重機でガッツリ解体することができません。完全人力での解体は非常に手間隙がかかり、大変です。

 

既存エレベーターのシャフト。工場用の大きなエレベーターを撤去して、ホームエレベーターに入れ替えます。現況では3階までのシャフトしかないので、4階の床スラブを抜いて1層増やします。確認申請手続きにかなり手間取りましたが、構造設計事務所さんのご協力で何とかクリアできました。