moving days

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビルイベント

江戸堀のCalo Bookshop & Cafeさんで行われている「moving days 平野愛写真展」に行って来ました。人々の「引越し」に焦点を当てたとても珍しい写真集の巡回展です。大量の荷物が梱包されていく様子や、引越し作業のはずが懐かしい物についつい手が止まってしまう様子、荷物が新居に居心地よく収まって行く様子など、じっくり細かく見るほどに楽しめる内容です。

個人的には「家」や「住まい」として認識される空間と、「部屋」や「室」として認識される空間が、どこかの時点でふっと入れ替わる様に大変惹かれました。家具や物が少なくても「家」に見えたり、人が写った写真でも「部屋」に見えたり。

現場に通っていると、「資材」が「部屋」になる瞬間に立ち会えることがあります。それは劇的な変化で分かりやすいものです。一方「家」と「部屋」の違いはとても微かで、ひっそりしたものです。でも引越しする時、荷物を運び出してがらんどうになった部屋に入って、言いようのない寂寥感を感じる方は多いのではないかと思います。そういった微かで、しかし確実な変質の姿が良く捉えられているように思いました。

さて、この写真展を見に来たのは、写真集に納められている一室が「岡山ビル」のレジデンス「しかくの部屋」だからです。ものすごく自由で独特な間取りの部屋の中で、一体どんな生活をされていたんだろう、とずっと気になっていたので、「部屋」を「家」として良い感じに住みこなして頂いていた様子が見て取れて、設計者としても大変感激でした。

屋上緑化・テラスの様子

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビル


2年前にリノベーションした玉造のレトロなオフィス「岡山ビル」。今年の夏に屋上緑化を行いました。設計はいつもお世話になっているsojiの松下さんです。今日はお施主様も来られて、夏と秋の自動散水の設定を切り替えるとのことで、便乗して屋上の様子を拝見しました。

今年の酷暑と猛烈台風を何とか無事に乗り越えて、元気に草花が風にそよいでいます。製作したテーブルもワイルドかつ軽い雰囲気で気持ち良いです。

屋上広場が南北に分かれているので、北側は少し趣向を変えてお座敷的に使えるデッキ空間になっています。これはパーティーなんかにはもってこいですね。寝そべっても良さそう。

植木鉢をよく見ると植えていないはずの植物が色々。搬入した土や、風や鳥によって運ばれてきた雑草の種が芽生えたようです。都心にあってもたくましい雑草の姿に感心しました。

屋上緑化の調査

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビル

以前全面リノベーションを行った大阪市玉造の岡山ビル。更なる建物の価値向上と空きスペースの活用を目指して屋上の緑化計画を進めています。工事に向けて調査を行いました。上の写真は南側テラス。何もない殺風景な屋上がどのように変わるか、今から楽しみです。

 

こちらは北側テラス。斜め向かいはカトリック玉造教会。南北2つのテラスがあるので、少し趣の異なるスペースとして計画する予定です。

 

古ビルリノベの竣工後

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビル

玉造の岡山ビル。全室の入居者が決まり、フル稼働中です。早いもので竣工一年となり、お施主様・施工業者さんと一年点検を行いました。一年間の間に幾つか不具合が生じた箇所があり、既に対応を終えているので今日は大きな問題点はありませんでした。

 

竣工後に起こった不具合には、古ビル特有の現象がありました。今回は建物の中の排水管は全部交換したのですが、屋外に出てから道路に向けて走っている配管は古いままでした。するとその部分がピンポイントに、詰まったり漏水したり不具合を生じてしまいました。

 

工事前から問題があったものの建物内にたくさん問題箇所があったため目立たなかったり、利用者がほとんどいないため何とか耐えていたところがリノベーションによって急に負荷が掛かってパンクしてしまったり、ということのようです。

 

リノベーションでは、既存の設備を極力残してコストを削減したい思いが強くなるものですが、普段は難しい設備配管を更新するグッドタイミングと捉えて、一式更新するほうが後々のことを考えると得策、ということを改めて考えさせられました。

名古屋モザイクデザインアワードの受賞式

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビル1.Topics受賞

名古屋モザイクデザインアワードの受賞式に行って参りました。社長さんから直々に賞状を頂き、恐縮。

 

 


受賞作である「岡山ビル」の解説中。今日は珍しくスーツです。

 

 


月刊商店建築の塩田編集長、他の受賞者の皆様、名古屋モザイクの方々と。

 

 

貴重な機会を頂き、ありがとうございました。