雑誌LiVESの取材

Posted カテゴリー: '15-16閑かな家

昨年竣工の「閑かな家」。雑誌の取材で久々にお邪魔しました。簡潔で無駄のない生活スタイルにライターさん・カメラマンさんも感心しきりでした(もちろん私たちも)。住み手にフォーカスした写真は建築の竣工写真とはまた違った魅力があり、出来上がりが楽しみです。ご協力ありがとうございました。

閑かな家

Posted コメントするカテゴリー: '15-16閑かな家

ホームページに「閑かな家」の竣工写真をUPしました。とてもシンプルで、清々しい住宅です。よろしければご覧下さい。
http://yyaa.jp/

「閑かな家」
若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様から、ダイニングテーブルやソファを置くLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。

竣工写真の撮影

Posted カテゴリー: '15-16閑かな家

奈良市のマンションリノベーション。カメラマンの山田さんと竣工写真の撮影にお伺いしました。特徴的なプランの部屋をごく自然に住みこなして頂いていて、設計者、感激です。お施主さまにも色々お手伝いして頂き、とても良い絵が撮れたように思います。出来上がりが楽しみ。

 

文鳥さんも陽当りの良い窓際の席で居心地よさそうでした。

組み換え家具

Posted カテゴリー: '15-16閑かな家

奈良市のマンションリノベーション向けに製作した組み換え可能家具です。現場搬入前に木工所で撮影して頂きました。住宅設計では収納の計画が毎回の課題です。壁面いっぱいの収納は魅力的ですが、家具屋でオーダーしたり、システム家具を購入して組み合わせると予想以上に高額になってしまい建築の予算を圧迫します。かといって構造合板とダボレールで大工製作した可動棚ではラフすぎてバックヤード以外では使えません。

ということで、比較的ローコスト・かつ質感の良い集成材を利用しながら、自立し、自由に組み替え可能な収納棚のシステムを木工所さんと一緒に考えました。

 

組み換え例。どう使おうか創造力が膨らみますね。

 

今回は半分をキッチンのバックセット代わりに利用するので、奥行きは深めの45cm。本棚なら前後2段に使えます。

 

上下・左右のジョイントにかなり苦心しました。一見、可動には見えないぐらいスムースに出来上がりました。材はメルクシパイン。絶妙にすべすべな仕上がり。今回の部屋のイメージにもぴったりです。

 

左が標準タイプ。右がダボ穴+棚板付き。将来的には引き出しをつけることも出来ます。

 

背面ディテール。電気コードの配線を隠しつつ通せるように若干隙間を空けています。