京町家とトントン葺き

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋2.Works

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
いよいよ解体が始まりました。高度経済成長期以降に加えられたプリント合板や砂壁などを撤去して、元々の町屋の姿に戻していきます。今回は大部分の木製建具を再利用するので、慎重に作業を進めていきます。

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
2階も天井板を剥がして、屋根架構を露出します。

大阪,奈良,建築家,設計事務所,新築,リノベーション,山本嘉寛
町屋の屋根は普通、骨組みに杉板を貼って、上から土を塗って瓦を載せるのですが、この長屋はなんと杉板ではなく杮(こけら)葺きでした。工務店さんによると、「昔はトントン葺きゆうて結構あったもんや」とのこと。細かい板の隙間から通気が取れて、しかも防水性も確保できるということで、大変優れものだそうです。杮葺に手間をかけて、その代わり重い土を減らして骨組みを細く。さすがは京都。雅な工夫に唸ってしまいました。

着工に向けて。

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋

京都市東山区の長屋リノベ。京都市の補助金申請が無事に決済し、着工の運びとなりました。早速工務店さんと現地で打ち合わせ。

今回は壊す部分と残す部分が混在しているので、念入りに確認していきます。

なんと、トイレの壁が崩落(!)
既にかなり痛みが激しい状態でしたが、先日の台風に耐えられなかったようです。ちょうど着工するタイミングで不幸中の幸い。今回工事で補修したいと思います。

伝統構法調査

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋

京都六原の長屋リノベ。市役所に補助金を申請するにあたり、「伝統構法でつくられている証拠写真」が必要なため、畳をめくって床下を調べます。

石の上に柱が建っている写真。まさに伝統構法。ちなみに、ボールと植木鉢と瓦は、町屋の床下に転がっている三大ゴミということが最近分かって来ました。

屋根裏。竹小舞と土壁。まさに伝統構法。いつもながらすごい埃です。

屋根瓦。新築時から葺き替えていないのでかなり痛みが目立ちます。今回の工事で一新する予定です。

京都の長屋の改修補助金協議をすすめています。

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋

奈良市の町屋改修の市役所協議がようやくひと山越えたのですが、次は京都市で町屋改修の補助金申請手続きです。京都は奈良と比べると物件の数が多いからか、手続きが洗練されているような印象を受けます。しかし市民の皆様の血税を頂く補助金、審査の厳しさに差はありません。こちらも資料作成と協議に手間暇がかかりそうです。

瓦屋根のリノベは非常に難解です。

Posted カテゴリー: '17-18昭和小路の長屋

六原の長屋リノベ。実施設計が出来上がったので工務店に見積を依頼しています。作業開始に先立って現地調査に来て頂きました。古い建物のリノベでは現在の状況を図面や写真で説明しきれないため、どうしても見積を行う前に現地調査が必要です。

特に今回は屋根の工事が曲者。瓦屋根は、部材の名称や葺き方、瓦の種類など、職人の間で昔から使われてきた専門用語がたくさんあり、曲がった部材が3次元的に組み合わさるため図面では指示しにくく非常に難解です。一軒家でも難しいのですが、長屋では小さな屋根が様々な形状で組み合わさっているため、どこがどうなっているのか、もはや外観からは全く分かりません。職人さんと連携しながら現場で納まりを検討していくことになりそうです。

調査に来られた瓦屋の親方から、下屋の瓦は少し小さめのサイズの瓦で葺くのが本来の京都のやり方だと伺いました。確かに通りを見渡すと、古い状態で残っている箇所は若干小ぶりな瓦が載っています。普通サイズで葺いた部分と比較すると、何となくヒューマンスケールというか、小気味好く感じられるのが不思議です。奥深い瓦の世界にどんどん引き込まれていきそうです。