新築にかかる税金

Posted コメントするカテゴリー: 用語

今年に入ってローコスト住宅のご相談が多く、厳しい資金計画と建築コストのバランスに悩む日が続いています。シビアな計画になると、建築費以外にかかってくる諸経費についても事前にある程度のめぼしを立てておかねば計画自体が破綻してしまう可能性が出てきます。
本日は新築に関わる税金についてのまとめです。
土地と新築住宅に係る税としては、「固定資産税」「都市計画税」「不動産取得税」の3つが上げられます(消費税除く)。これら3つの算出には、固定資産台帳に記載された登録価格が基になります。
■固定資産課税台帳登録価格
【土地】台帳価格は購入価格の50~70%程度が一般的。路線価からある程度の判断を行うこともできる。
→全国地価マップ
[想定金額]=A
【建物】台帳価格は建築費の50~70%程度が一般的。(正確な金額は役所が調査の上決定するため竣工前には確定しない)
[想定金額]=B
このA、B2つをそれぞれの税の計算式にあてはめていきます。
■固定資産税(市町村税)
【土地】
[計算式] 台帳価格×1.4/100
[減免] 200㎡以下の住宅用地は1/6に減免
[想定金額] A×1.4/100×1/6
【家屋】
[計算式] 台帳価格×1.4/100
[減免] 3F以上耐火建築物の新築なら5年度まで税額x1/2、それ以外の新築は3年度まで税額x1/2
[想定金額] B×1.4/100/2 ※ただし3または5年度まで
■都市計画税(市町村税)
【土地】
[計算式]課税標準額×0.2/100
[想定金額]A×0.2/100
【家屋】
[計算式]課税標準額×0.2/100
[想定金額]B×0.2/100
■不動産取得税(道府県税)※取得時1回だけ必要
【土地】
[計算式]台帳価格×3/100
[減免]
①宅地の場合は台帳価格の1/2とする
②45000円、または床面積×2×(土地の課税台帳価格×1/2÷土地面積)×3%の大きいほ
うだけ軽減
[想定金額]
床面積×2×(A×1/2÷土地面積)×3% と A×1/2×3/100  の大きいほう
[補足]減免①の特例はH24/3/31までの適用
【家屋】
[計算式]台帳価格×3/100
[減免]新築住宅・自己居住用で50㎡以上は1200万円まで控除
[想定金額] (B – 12,000,000 )×3/100
[補足]
・減免にあたっては道府県への申請必要
実際は家屋の評価額が経年により下がっていくため、なかなか正確な想定は難しいようです。

プチ着工

Posted カテゴリー: '10-12Hapshuu

五條のカフェ・ケーキ店・設計事務所・建築家・奈良県・大阪
五條のカフェ&ケーキ店。杉板の内装をペンキ塗りしたらどんな感じになるか、お施主さまと一緒に試してみました。

塗った途端に「和」な感じが抜けていくのが不思議。。

 

実施設計も完了してこれから見積です。

1年点検

Posted カテゴリー: '10-11引き算の家

大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

昨年竣工した「引き算の家」の一年点検にお伺いしました。大変快適とのお話を頂き、安心安心。とはいえ、100%の設計とはなかなか難しいもので、もう一ひねり工夫が必要だった箇所もあり、打ち合わせ段階での詰めが甘かった部分を再反省。何よりお子様が一年経って、とても成長していたのにびっくりしました。(上の写真は一年前)。

そのボクにもらった刀?らしき物体。ありがとう。なんでも最近家づくりに興味があるとの事。やっぱり小さいときに建築工事を経験すると刺激になるようです。工務店の社長と聞いてみました。

「設計か建てるほうかどっちがやりたい?」
「建てるほう。」

うーん無念。。。力不足でした。

木造断熱講習会

Posted コメントするカテゴリー: 5.Diary

「木造住宅の断熱施工と省エネリフォーム」の講習会に行ってきました。昨今の流行りである建築性能の数値化・見える化は本当にややこしくて、難しいものです。しかし断熱に関しては住まわれる方々に直接影響が出る部分、一度ちゃんと勉強しておかねば。

結論から言えば、断熱性=サッシ。とにかくそれに尽きるということです。壁面などからの熱の出入りよりも遥かに開口部からの熱の出入りのほうが大きいためです。

予算に余裕がない住宅では、初期コストを考えるとどうしてもアルミ樹脂複合サッシを使うことになるのですが、ランニングコストと、デザインを考えると、やっぱりがんばって木製サッシをお勧めすべきかなぁ。。。

大阪の建築めぐり:チャスカ茶屋町

Posted コメントするカテゴリー: 4.Architecture建築めぐり
高齢者施設の設計資料を漁りに梅田のチャスカ茶屋町へ。ジュンク堂&丸善。日本最大の売り場面積の書店ビルです。上階はレジデンスとホテルになっています。
尖りすぎてうまく絵におさまらない。。。
近年、すっかり書籍はネットで買うことが増えたのですが、急に専門書が必要になった時はこういう本屋はとても助かります。茶屋町の付近は、梅田が苦手なやまもとも道に迷わずたどり着けるのでその点でも安心♪(梅田の地下ではいまだに道に迷います・・・)