普請は道楽?

Posted カテゴリー: 用語

明治期に「建築」という言葉が生まれる以前、わが国では建物をつくることを何と表現していたのでしょう。

調べたところによると、「普請」ということばがそれに当てはまるようです。最近では「安普請(安く建てた家)」「普請道楽(家にお金をかけまくる)」という使い方程度にしか残っていない単語なので、何となくイメージが良くない気もします。しかし普請とは普く(あまねく)請う(こう)ことであり、まさに多くの人に手伝ってもらう、という言葉です。元々は仏教用語だったようですが、昔は一つの建物を作り上げるまでにたくさんの人の力が必要だったので、その代表的な単語である「普請」を家づくりを指す言葉として使ったのでしょう。ちなみに「普請」と同じような意味の単語に「勧進」があります。寺社をつくる際に寄付を呼びかける文章を「勧進帳」と言い、歌舞伎の演目にもなっているのでご存知の方も多いと思います。

さて、みんなに手伝ってもらうことをあらわす「普請」。現代ではそういうイメージをもって家作りに臨むお施主さまは殆んどいないと思います。ハウスメーカーとの家作りでは主な相談先は営業マンということになりますし、建売住宅を購入する場合は作り手との接点自体が存在しません。

しかし現代でも、一つの建物が出来上がるまでに多くの人の力が必要となること自体は変わりありません。建設会社が工事を請け負う場合でも実際に作業を行うのはその建設会社の取引先の大工・金物・サッシ・家具・電気・ガス・水道・空調といった専門の職人さんたちです。現場では様々な職人さんたちに設計のイメージを伝え、逆に専門的な意見を聞きながら、イメージどおりでしかも用に耐えるのものを生み出していきます。我々が設計図に書くことはいわば机上の空論なので、実際施工する側の視点で考え直すプロセスがとても重要です。

「こんな感じにしたいんやけど、どやろ。難しい?」
「それもできんことないけど、こんな感じやったらあきまへんか?」
「おお、それええなあ。それで頼みますわ」

そんなやりとりはまさに「普請」といえるものです。

普請を重ねた建築は、一人の設計者ではなく現場全体の意思のカタマリとして立ち上がってきます。逆にコミュニケーションが機能不全を起こした現場は、イメージどうりには出来上がりません。現代における普請、現場監理はとても重要です。

被災建築物応急危険度判定士

Posted コメントするカテゴリー: 用語

被災建築物応急危険度判定士という少々長めの名前がついた資格の講習会に行ってきました。地震災害の時に、ボランティアで被災地を回って、危険な建築物とそれ程でもない建築物を仕分けしてまわる役目を担うための資格です。

一般にもよく知られている「罹災証明」は詳細な建物調査を必要とします。大地震時は何千という建物を調べなければいけないので、詳細調査には時間がかかります。そのためとりあえずの応急措置として倒壊の危険性がある建物を明らかにし、その建物を使う人と、その周辺の人の安全確保、二次災害の防止を行う必要があります。

チェックリストに沿って建物を調査して、こういうシールを建物の外面に貼っていきます。

阪神大震災から16年、当時はまだ学生でただTVで状況を見るだけでした。こういう枠組みがあると、知識を生かしてお役に立つことが出来そうです。

壁施工中

Posted コメントするカテゴリー: '10-11引き算の家


お施主さま・工務店と現場にて打ち合わせ。壁面のボードが貼り上がって、床のフローリングも入りました。写真は全面可動棚になる予定のリビング壁面。レールを壁に埋め込んでいます。黄土色に見えているものはプラスターボード(石膏ボード、いわゆるPB)です。現代の住宅では内装をペンキで仕上げる場合も、クロスで仕上げる場合も、はたまた珪藻土や漆喰で仕上げる場合も大抵これが下地になります。厚みは12.5mmが一般的。このままでは継ぎ目が残ってしまうので、パテで目地を埋める作業を行っていきます。
PBはそれほど硬くないため、加工が簡単という点と、木のように収縮しない点、安価な点などメリットが多いのですが、反面、普通の釘などがきっちり刺さらないため、住む人にとっては割と「カスタマイズしにくい」壁です。昔の柱梁が見えている「真壁造」の場合は木に直接棚などを簡単に取り付けられますが、PBの場合はそう簡単にはいきません。
最近の住宅では住んでから棚などを作って部屋をカスタマイズしていこう、という人はとても少ないと思います。それはこのPBによるところが大きいんじゃないかという気がします。
本当はPB用のビス(ボードアンカー)、というものをホームセンターで売っているので、重量物でなければ、それを使って簡単にPB面にでも施工できるのですが、何となくマニアックで難しそうな印象があることは確かです。もっと自由自在にカスタマイズしやすくて、なおかつ見た目もすっきりする仕上げってないかなあ。

斫る・毀つ

Posted コメントするカテゴリー: 用語


コンクリートなど硬いものをガリガリ削ることを、俗に「斫る(はつる)」と言います。一般的には耳慣れない言葉ですが、現場では日常的に使われています。普通、コンクリートは一回打ったが最後、やり直しはしないものなので、「斫り(はつり)」とはやりなおし工事を指す場合が多く、できれば使いたくない用語の一つです。
また、建物を解体することを「毀つ(こぼつ)」と言うのですが、皆様ご存知でしょうか。高校のときに「毀る」という動詞で、古典の時間に習っているはずです。大阪の現場ではあまり聞くことはないのですが、奈良では建築関係者じゃなくても、ごく普通に「うちの家、こぼって建て替えたんや」という具合に使われます。古典で習う単語がそのまま現在でも使われいる、ってある意味すごい事だなあと思います。まさにシーラカンス状態。「解体する」という単語より、「こぼつ」のほうが、何となく、木槌でボコスカやる感じが出て、個人的にはとても好きだったりします。

内部工事

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


現場にてお施主様・工務店と打ち合わせ。壁紙が入って、俄然住宅らしくなってきました。


吹き抜けの上は大きなライブラリ。家族みんなの共有スペース。北側斜面の厳しい敷地条件でしたが、配置を考えたことで十分明るい空間になっていて安心。