吹き流しの家

Posted カテゴリー: '14-15吹き流しの家

大阪市天王寺区のマンションリノベーション。家の中を通り抜ける風が心地よい家になりました。ラフで重めテイストな「着替える家」と同時期に設計・施工を進めていたのですが、一転こちらはキレイで軽めテイストです。好みが分かれるところですね。竣工写真をホームページUPしていますので宜しければご覧下さい。

 

http://yyaa.jp/works/fukinagashi-house/

撮影ダブルヘッダー

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家

スケジュールの関係で、竣工した2つの物件の写真撮影を連続で行いました。午前中は北田辺のマンションリノベーション。賃貸募集に使用するため、普段は撮影しない設備や収納なども押さえて頂きました。

午後からは天王寺区のマンションリノベーション。3つ子のお子様たちをモデルに、大変にぎやかな撮影になりました。どちらも出来上がりが大変楽しみです。

天王寺のリノベ完成

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家

少し前になりますが、天王寺区のマンションリノベーションが無事完成しました。特殊な設計は行っていませんが、全体的に既製品と製作品を混在させながら、ナチュラルなテイストにまとめています。
上写真:キッチンカウンターや棚は現場製作。キッチン本体とカップボードは既製品。


寝室。収納折戸は既製品。入口ドアと突き出し窓は現場製作。床も精度の高い幅広積層フローリング。

最近はメーカーの努力で、既製品でもデザイン的に何とか折り合いがつく商品が増えてきています。我々設計者も設計の研鑽を積むと共に、絶えず新商品に目を光らす必要がありますね。


お施主さまコダワリのレバーハンドル。デザインはジャスパー=モリソン。これに合せて家中の金物をアルミ色に統一しています。

完成間近

Posted カテゴリー: '14-15吹き流しの家

大阪市天王寺区のマンションリノベーション。いよいよ完成に近づいてきました。当初のイメージどおり、全体的に明るく清潔な印象の部屋になりました。

 

 

細かい部分の出来上がり具合をチェック。施工者、設計者、お施主さま、いろいろな人の目で見て完成度を高めていきます。

準備完了。

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家


天王寺区のマンションリノベーション。大体の懸案事項がクリアできたので、粛々と現場が進んでいます。下地工事はほぼ終了。これからいよいよ仕上工程に入ります。


難しかった建具枠とブラインドボックス、壁のディテール。すっきり収まって安心。


25mmタモ集成材でつくったビッグ本棚。なかなかの存在感です。エレベーターにはとても入りきらないので、パーツに分けて現場で組み立てています。

木材塗り見本

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家


大阪市天王寺区のリノベーション。木材の塗装色を検討しています。定番のオスモカラーで見本を作成。浸透系の自然塗料は、木目の雰囲気を残しながら着色と木材の保護を同時に行うことができるので大変便利です。建具や建具枠、柱、棚板。木材といっても用途に応じて異なる樹種を組み合わせるので、同じ色を塗装しても微妙な違いが生まれます。

設備配管の仕込み

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家


着々と進むリノベーション現場。電気・給排水・空調・ガスの配管経路を検討しています。

キッチン付近。給排水配管はほぼ完了。養生の隙間からメイプルの広幅フローリングがチラリと見えています。

マンションリノベーションでは毎回問題になる、奥まった部屋のエアコン。空調配管は見栄えがよくない上に、あまりグニャグニャと自由に曲げることが出来ないため、どうやって上手く隠蔽しながらバルコニーの室外機まで持っていくか、非常に悩みどころです。

こちらも毎回問題になるキッチンのダクト。マンションリノベーションでは外壁のコンクリートに孔を空ける事はご法度なので、元々あったダクト穴を再利用する以外方法が(ほぼ)ありません。既存キッチンの位置によっては、微妙なところにダクト穴が空いていることもあり、キッチンを移設する場合には注意が必要です。

マンション床の防音対策

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家


大阪市天王寺区のリノベーション。床の防音+フローリング下地工事の最中です。
マンションリノベ最初の難関が「いかに防音性をクリアするか」。裏面に緩衝材の付いた、いわゆるマンションフローリングなら話は簡単ですが、足ざわりはヘニャヘニャだし、表面は木だかプラスチックだか分からない程コーティングされているし、できれば使いたくないところです。

そこでこの四角いパーツたち。LL-45性能を確保しながら、床高さの調整も出来る優れものです。

部屋全体に敷き詰めて、その上にメイプルの天然木フローリングを施工する予定です。

ペンキ風壁紙リサーチ

Posted コメントするカテゴリー: '14-15吹き流しの家


ビニルクロスでも、ペンキ塗装に見まちがえるほどマットな仕上がりのものがあります。国内各社、微妙な凹凸や繊維の編み方、色味、光沢の違いをリサーチ中。
これらペンキ風壁紙は非常に綺麗な仕上がりにはなりますが、その分、扱いが難しい素材でもあります。下地壁が平滑でないとその部分が仕上がりに浮き上がってしまうためです。また、リフォーム・リノベーションで既存のビニルクロスの貼替えに用いる場合は、元々の下地の状況によっては使えない場合もあり、注意が必要です。