写真まとめ。

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


生駒で建設していた住宅が竣工したので、引越しに先立ち、事務所で撮った写真をまとめました。
正面に窓がない。
正面は建物の顔ですから、そこに付ける窓は非常に大切です。しかし今回は建築条件付きのために普通のアルミサッシの窓しかつくれません。そこで敢えて窓は無しとして、壁で見せるファサードとしました。壁をファサードとすることは、設計さえ工夫すれば、技術力が高くない施工業者でも十分可能です。

裏手。大きな穴はバルコニー。ありきたりのアルミ製バルコニーではデザイン上どうしようもないので、建物の四角の中に収めました。バルコニー床はFRP防水を行っています。

大きな吹き抜けのある1FLDK。内部の部屋は全てここに面しています。家のどこにいても家族の雰囲気が感じられる空間になりました。裏の事情としては、建築条件の中に延床面積の制限があったので、吹き抜けをつくることで延床を増やさずに大きな空間を確保しています。

LDKは長い年月の間で色々な使い方ができるよう、間切って2部屋にもできるよう工夫しました。

戸建て住宅では、寝室+子供部屋×2+客間or和室、で4LDKのご要望を頂くことは多々あります。しかしそれではどう工夫しても建売と同じコマギレ部屋の組み合わせになってしまいます。空間の使い方を何重にも重複させておくことでそういう要望や不動産屋的住宅観をクリアさせつつ、建築的な魅力をもった空間を創ることができます。

階段はタモ集成材。ちなみに床もタモ無垢フローリング。普段建売をつくっている工務店サンからは、かなり拒否反応がありましたが、お施主さまの強い援護で実現。慣れない施工に苦労した様子でしたが、こうやって出来上がってみるとなかなか良い感じです。

2階は吹き抜けに面して家族みんなのライブラリ。そこから主寝室、子供部屋x2、バルコニーへ。個室に閉じこもるのではなく、できるだけ家族が同じ時間をすごせるようにとの考えから子供部屋は「子寝室」と捉えて、わざと小さめに計画しています。そして何より無駄な廊下スペースを有効活用。

夜景。正面に窓がないつくりは、防犯上も何となく安心感がありますね。

1階平面図。LDKを中心にコンパクトにまとまっています。エントランスホールを広めに造っているのは、お施主さまのご趣味のサーフボードをディスプレイするためです。

2階平面図。細長い吹抜に面したライブラリ。

できました

Posted カテゴリー: '10-11函の家


見事に模型どおりできました。(⇒模型)
今回は建築条件付きのため、いろいろ制約がたくさんありました。設計よりむしろ、お施主さまのがんばりがすごいです。

 


しばし道路向かいの高台よりながめる。バスが来て、小学生たちが降りてきました。

 


異変に気付いた様子。

 


途端にもてあそばれる函の家くん。

こらこら。入っちゃいかん。

ちょっと変わったものには飛びつく。子供は正直ですねえ。

 

外構・外壁

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


外構の塀について検討中。コンクリート打放の壁は魅力的ですが、高い施工精度が求められるので建売業者にはハードルが高く、断念。


コンクリートブロック積みの塀を建物の外壁と同じ白に吹付することになりました。


前面道路と若干段差があるので手摺を取り付けます。シンプルにスチールで製作したいところですが、建売業者から「やったことがない」「出来ません」の返答。やむを得ず技術力のある金物屋さんに分離発注することになりました。

内部工事

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


現場にてお施主様・工務店と打ち合わせ。壁紙が入って、俄然住宅らしくなってきました。


吹き抜けの上は大きなライブラリ。家族みんなの共有スペース。北側斜面の厳しい敷地条件でしたが、配置を考えたことで十分明るい空間になっていて安心。

白タイル

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


事務所にて悶々とタイル選び。
白のタイルといっても、メーカー、色、テクスチャ、カタチ、大きさ、価格・・・微妙に違います。そして貼る箇所が内なのか外なのか、壁なのか床なのか、そのタイルの大きさで実際綺麗に割り付けて貼れるのかどうか、目地幅、構造から床面までの寸法とタイルの厚みの関係が問題ないかどうか・・・などなどたくさん種類があってもジャストフィットするタイルを選ぶのはなかなか難しいものです。おまけに輸入品は在庫切れや廃盤がちょくちょく起こるので、せっかく設計段階でFIXしていても現場でもう一度練り直しになってしまうこともよくあります。

という訳でどんどんサンプルが事務所にたまっていきます。

建築条件つき設計

Posted コメントするカテゴリー: '10-11函の家


開発が進むニュータウンに設計した住宅です。大規模なニュータウンでは、開発業者が土地と建築を抱き合わせで販売する、いわゆる「建築条件付き」物件が主流です。土地を売れば、自動的に建築も売れるというすごい商法です。
一方で我々設計者にとっては、施工業者が先に決定した後で依頼されることになるので、満足がいくように力を発揮できないケースが多く、当事務所でも数件「建築条件付き」に泣かされた経験があります。
今回も建築条件付きの物件でしたが、お施主さんのがんばりで設計を一任して頂けることになりました。施工業者との調整が大変ですが、建築条件の制約の中でどれぐらいデザインの余地があるのか計る契機になればと思っています。