大切にしていること Concept

無理なく無駄なく。

複雑に絡み合った条件をできるだけ整理して、シンプルな建築を設計するように心がけています。必然性のない装飾的な空間や、彫刻のような形をした建築はご提案しません。条件を整理していくと自然とそこに行き着いた、という無理・無駄のない設計が一番よいと思っています。

寿命の長い建築。

完成後、お施主さまに永く使われる建築がよいと思っています。長年の風雨に耐えうる構造・設備の性能はもちろんのこと、新築ではプリントやプラスティックな素材は極力避け、リノベーションではすでにある古い素材を大切に、時間が経つほど人に馴染む素材使いを心がけて設計を行っています。

設計者は脇役。

自分が主役となって建築を設計する「建築家」ではなく、主役のお施主さまを脇でサポートする「建築設計者」でありたいと思っています。お施主さまの想いをお聞きして、一緒に悩み、考えながら設計を行っています。

竣工がスタート。

建築は工事の竣工が100%ではなく、お施主さまが住んで、使って、色々な人と物が建築と共存している状態が完成と考えています。設計者にとってのゴールではなく、お施主様にとってのスタートラインとなる建築をつくりたいと思っています。