香芝の酒蔵 Sake brewery in Kashiba

古い酒蔵の一角にショップと試飲コーナー、ミーティングルームをつくるプロジェクト。重厚な階高3,800の大空間の中では、単純にハコ型の店舗ブースを挿入するだけでは全体の雰囲気に店舗が呑まれてしまいます。そのため今回は既存の架構グリッドに添うように新たな柱・梁を追加し、そこに間仕切りやディスプレイが絡み合うよう配置することで、古いものと新しいもの、大きなものと小さなものが滑らかに接続されるデザインを試みました。現在は使われていない塀の内側のスペースを露地として設え、店舗、ミーティング、試飲コーナーそれぞれへのアプローチとして活用し、試飲コーナーは街角から目立つ位置に配置、小さなバーとして独立使用することも可能な動線計画としています。