坪単価について

わが国では建築物にかかる費用の目安として『坪単価』が用いられています。しかし坪単価の算定法には決まった定めはなく、どの工事・どの面積を計算に含めるかによって数十万円程度の違いが生じてしまいます。当事務所では坪単価を下記の考え方に統一しています。

坪単価 = 坪単価対象工事費 ÷ 坪単価対象面積 [円/坪]

1.設計のご相談
設計のご相談 費用:無料
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。計画地や計画時期が決まっていない段階でも結構です。ご相談は当ホームページのContactまたはお電話にてお寄せ下さい。内容確認後、2営業日以内にご連絡します。
2.ヒヤリング・現地調査
ヒヤリング・現地調査費用:初回出張無料(*1)
ご挨拶と具体的なヒヤリングを行うため、直接打ち合わせさせていただきます。打ち合わせ場所は当事務所またはお施主様のご都合のよい場所でも結構です。すでに物件がお決まりの場合は調査を兼ねて現地近くで打ち合わせさせて頂ければスムーズです。
3.プレゼンテーション
プレゼンテーション費用:¥30,000 + 税(*2)
お支払時期:プレゼン申込時
ファーストプレゼンテーションにお申込み頂きますと、敷地調査・役所調査を行い、具体的な計画案の作成に取り掛かります。計画案は平面図の他、模型、CGなど、その案をご説明するために最も適した方法にてご提示します。
4.計画のフォロー
計画のフォロー費用:実働時間に応じて精算
お支払時期:月末締
設計契約に至るまでに更なる検討が必要な場合は、内容に応じて対応します。
5.設計監理契約
設計監理契約費用:設計監理料の20%
お支払時期:設計監理契約締結時
計画の大まかな方針が定まり、設計を具体的に進める場合は、当事務所との間で建築設計・監理等業務委託契約を交わさせていただきます。また契約に先立ち、建築士法に基づく重要事項説明を行います。
6.基本設計
基本設計費用:設計監理料の20%
お支払時期:基本設計完了時
計画の基本的な内容を決定します。納得できるプランとなるまで、何度でも案の練り直しが可能です。必要に応じて構造設計事務所・設備設計事務所・管轄官庁・建材メーカー等と打ち合わせを行います。
7.実施設計
実施設計費用:設計監理料の20%
お支払時期:実施設計完了時
詳細図面を作成し、素材や設備の仕様を決定します。構造・設備の詳細設計を行い、仕様書・意匠図・構造図・設備図がそろって「設計図書」の完成です。
8.見積査定と業者選定(*3)
見積査定と業者選定費用:設計監理料の10%
お支払時期:工事請負契約時
建設会社に見積りを依頼します。数社による競合入札(あい見積もり)を行い、コストダウンを図ります。各社の見積りを精査し、設計内容の合理化・見直しを行います。
9.建築確認申請
建築確認申請費用:設計監理料の10%
お支払時期:確認済証発行時
指定確認検査機関等に建築確認申請を行います。規模や敷地条件によりその他の役所手続きが必要になる場合があります。
10.地鎮祭・起工式
地鎮祭・起工式費用:¥30,000~(初穂料)
お支払時期:当日
全く任意ですが、当事務所では多くの案件で地鎮祭を行っています。
11.着工・監理
着工・監理工事がはじまると建設会社から提出される施工図をチェックし、現場が設計図書通りに施工されているか監理します。お施主様とも最終的なデザインや仕様の確認を行っていきます。
12.竣工・引渡し
竣工・引渡し費用:設計監理料の20%
お支払時期:竣工引渡し時
完成検査を行い、建物を最終的にチェックします。また、各管轄官庁の完了検査を行います。建設会社から各使用機器の取扱い説明と保証書や鍵の引渡しを行い、完成です。
13.アフターフォロー
費用:相談無料
期間:随時
竣工1年後に建設会社と共に点検にお伺いし、問題箇所があれば是正を指示します。それ以降は竣工3年後、5年後、10年後に点検にお伺いします。その他建築に関するお悩みはいつでもご相談ください。建物同様、長くおつきあいさせて頂ければ幸いです。
(*1)遠方地の場合は別途出張費を頂戴する場合があります。
(*2)敷地面積又は延床面積が300m2を超える計画につきましては100,000円+消費税となります。
(*3)厳しい条件の場合は建設会社を1社選定した後で実施設計を詰めるデザインビルド方式をとる場合があります。

 

■坪単価の目安

我々設計事務所は施工や積算業務を行わず、物件ごとに建設会社に見積を依頼します。そのため建物の坪単価を設計前に確定することはできません。しかし経験上、おおよその目安は分かりますので建物の構造規模に応じて、どのような建物がご予算内で建てられそうか、概算の工事価格を想定しながら設計を進めます。

[table “6” not found /]