Cafe Franz Kafka

 

ならまちにある町屋を改装したブックカフェです。街に溶け込む静かな外観ですが、一歩足を踏み入れればオーナーが世界中で集めた古今東西のアンティークや書籍、音楽が詰まった濃密な時間が流れています。そんな古いトランクの中みたいなインテリアが、かつてシルクロードの終着駅だった奈良には似つかわしいのではないかと考えています。

This is a conversion of a Japanese Machiya into a book cafe in Nara World Helitage site. Tributed to The Shosoin Repository which kept many ancient treasures from overseas for a long time , we designed interiors as an antique trunk with old timber frame and dark shining fabric.