『』の家 Kakko house

 
下町の狭い間口の土地に建つ住宅です。限られた敷地の中で、上下階の移動を単なる制約としてではなく様々な性格を持つ空間のつながりとして楽しめるよう、1つのハコの中に6つの「」型の床面をつくり、半階ずらしながら積み重ねることで止まり木を移るような生活が送れる住まいを計画しました。敷地を最大限有効活用するために内・外装を兼ねた断熱材入りサンドイッチパネルを隣地境界際に立てて鉄骨の柱梁をそのまま露出、倉庫の中に暮らすような住まいになりました。南面の大きな開口とルーフテラスから太陽光を家全体に取り入れつつ、透過性の異なる3種類のカーテンによって時間や用途に応じてプライバシーを調整できます。

 

This narrow house for a couple and their little child is located in a densely built-up area of Osaka , Japan. The building site is only 3.4×13.0m. To make full use of it, the house is framed in exposed structural steel , coverd with thin fire – resistant adiabatic panels ,and contains six floors with split levels. Lv.1 (basement level) is a bedroom , Lv.2(ground level) is a garage , Lv.3 is for the little girl , Lv.4 is a living space , Lv.5 is a bathroom ,and Lv.6 is a roof terrace. The expanded metal stair connects each floors and spreads the sun light inside. In this house , they are living like birds swinging from branch to branch .