小さな中庭と大きな縁側 Nakaniwa-engawa house


 

敷地はニュータウンの外縁にあり、一方には新興住宅地、もう一方には豊かな自然と古い集落が残る立地である。基本的には豊かな緑と共に開放的に住みたいが、通行量の多い2面道路からの視線や音は気になるという建主様からのご要望から、小さな中庭を中心に諸室が連なるコートハウス形式をとりつつ南側の大きな縁側に開く、完全に閉じるでもなく開くでもない曖昧な間をもった住宅が出来上がった。南北方向に開口部を集中させることで風が建物の内外を通り抜ける計画とし、夏場も極力空調に頼らない生活を送ることができる。ゼオライトを混入したコンクリートベースを床下全面に敷設し、その中に冷水・温水を循環させることで冷暖房とも対応可能な蓄熱空調システムを建物全面に採用。小さな部屋が連なる平面形状に対応している。