京都の建築巡り:京都市京セラ美術館

Posted カテゴリー: 京都

 

今年の5月にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館に行ってきました。

近づいて行くとまず目に入るのは、入口への長く緩やかなスロープ状の広場。遠くからだとほとんど見えず、既存の建物を邪魔することない自然なたたずまい。

現在コロナの影響により予約制なので、待ち時間の間に建物の周りを散策しました。

 

コンクリート打ち放しの外壁に真鍮の板?を張り付けた外観の東山キューブ。今回の工事で増築された部分です。

 

テラスからは美術館の庭園や街並みが見渡せます。晴れていればもっと気持ちよさそうです。

 

中に入るとエントランスは古いレンガ部分と新しい白い部分とが調和しており落ち着いた雰囲気。まずは美術館内のカフェENFUSEでランチ。彩り豊かで食べるのがもったいないくらいです。料理の写真はインスタにて。。。

 

ショップの様子。

 

 

アーティストの展示をめぐりつつ、建物内を散策。場所によって空間の雰囲気が全然違います。

 

中央ホール。なめらかな螺旋階段が美しいです。

 

光の広間。鬼頭健吾さんの作品が展示されていました。

 

東エントランス。庭園を眺めながら一息。杉本博さんの企画展をゆっくり観ました。

 

久々の建築巡り、見どころ満載でした。また頑張らねば。

 

 

太閤園と忘年会

Posted カテゴリー: 5.Diary大阪

事務所の忘年会を兼ねて、京橋にある太閤園の淀川邸に行ってきました。淀川邸は明治時代に藤田伝三郎が築造した網島御殿のうち、戦争で焼失せずに残った東邸を利用した大きな料亭です。

 

建物に入ると、まず洋館風の前室に案内されます。家具やシャンデリアがなんとも贅沢です。

 

その後、美しい庭を眺められる和室でお料理を頂きました。想像をはるかに凌駕する美味しさでした。

 

 

料亭の方に設計事務所だと伝えると、食事のあとで建物内を色々案内して下さいました。

 

一番大きい紹鴎の間(52帖)。披露宴なども行われる格調の高い空間です。奥に見える建具を全て取り外すと能舞台としても利用できるようになっています。年1~2回行われているそうなので、一度見てみたいです。

 

さらに無料公開されている敷地内の日本庭園も散策し、食事、建築ともに大大満足の一日でした。

 

突板探し

Posted カテゴリー: 道具

壁面に使う突板(つきいた)を探しに、八尾市の安多化粧合板さんに伺いました。突板といえばナラやタモ、ウォルナットが一般的ですが、安多化粧合板さんにはオリーブやマロニエ、チェリー、リンゴなど多種多様な樹種が集められています。特徴的な木目は壁や建具に用いるとインテリア映えが大変良いので、建築家・インテリアデザイナーにとっては大変心強い存在です。

 

完成間近の新棟にて。ハイブランドのブティックで採用されている突板もたくさんあります。最近の流行のお話を伺ったり、色々な樹種を設計者やクライアントの好みをヒヤリングしながらチョイスして頂いていると、なんだか服を選んでいるような感覚になります。部屋のイメージに合うものをいくつか選んで、サンプルを作成して頂くことになりました。

 

 

MAD Architectsの講演会

Posted カテゴリー: イベント

文野が久々にブログを書きます。

MAD Architectsのマー・ヤンソンさんの講演会に行ってきました。MAD Architectsは、中国人のマー・ヤンソンさんとダン・チュンさん、そして日本人の早野洋介さんの3人による建築家グループです。海外の建築家の講演会に行くのは初めてだったのでワクワクしながらホールに入って、最前列の席を確保しました。

彼らの建築の特徴は曲線を使った有機的な形です。その理由は都市一帯に広がる均一化された四角い無機質な近代建築に疑問を持ち、それらは人のために作られた建物ではないのではないかと思ったからだそうです。そしてもっと人のための建築、つまり人と自然、建物が一体となった風景や体験を作ろうとしているそうです。そのため、彼らの建物の多くは山や雲、地形など自然の形態をモチーフにしています。講演では、地形に合わせてつくられた集合住宅や、山のようなオペラハウスなど魅力的なプロジェクトがたくさん紹介されてとても面白かったです。最後に若者が今やるべきことは?という問いに対して、新しいことへのチャレンジであるという熱い言葉で締めくくられました。

やっぱり講演会に行くと、モチベーションが上がります。

僕も、頑張らなくては。

 

沖縄の建築めぐり:ホテルムーンビーチ

Posted カテゴリー: 沖縄

2日目の宿はホテルムーンビーチ。DOCOMOMO選定、憧れの建築に泊まれて大満足。垂れ下がるツタはもちろん本物。

 

内部/外部の取り扱いが非常に巧みで本当に素晴らしい。

 

中庭にプールがある設計のホテルは、日本にはほとんど無いと思います。贅沢。

 

随所に魅せる階段。

 

やっぱり気になったので夜中に最上階へ。廊下の先端に植え込みがありました。片持ちスラブが下の階より大きく張り出しているので、壁面に干渉せず垂れ下がる訳ですね。

 

 

なるほど。こいつが壁面に食い込む訳か。

 

宿泊室からオーシャンビュー。

 

ピロティ見上げ。ワッフルスラブ。

 

外観。設計した故・國場幸房は大高事務所出身。なんとなくテイスト感じたり。築40年で色々劣化していますが、まだまだ永く現役であってほしいホテルでした。