オープンデスク2021春

3月から4月にかけて、オープンデスクの大学生が1名事務所に来ていました。設計事務所の色々な業務と日常に触れながら、課題に取り組んで頂きました。奈良県御所市の新築現場はちょうど佳境にさしかかり、見学にはもってこいの状態です。

奈良県橿原市の古民家改修。模型写真撮影のお手伝い。こちらはその後、実際のお施主様プレゼンにも同席。

古ビル実測調査の見学とお手伝い。

今回の課題はプレゼン前の新築住宅のプランニングでした。考えた図面や文章をプレゼンシートにまとめて、最終日はスタッフにプレゼン。緊張したそうです(そりゃそうだ)。なかなか学生の間に現実的な条件の住宅を考える機会はないので、苦戦したようですが何とか形になりました。その「思うようにいかない感」を大切に、さらに頑張ってほしいと思います。

山本嘉寛建築設計事務所では、建築設計職に就職を希望する大学生・大学院生・既卒者を対象としたオープンデスク・インターンを受け入れています。詳しくは下記をご覧ください。

https://yyaa.jp/contact/open-desk-internship/

オープンデスク2020

3月は建築を学ぶ大学生が1人オープンデスク(インターン)に来ていました。CADやグラフィックソフトの練習、塗装色の検討、パンフレット作成、現場見学、建築めぐり、最後には実際の計画を元に案を考えてシートにまとめ、所内でプレゼンしてもらいました。

特に都島区I邸は大阪市内ということもあり、毎週の現場定例会議に同席して工事の進捗を見てもらうことが出来ました。

所内でのプレゼンの様子。3月はちょうどたくさんの現場が動いていたので、色々な物件を見比べたり、建築が出来ていく様子を順番に見ることができてよかったのではないかなあと思います。これからもぜひ頑張って欲しいです。

建築遠足

今日は事務所のみんなやオープンデスク(インターン)の学生と、眞野サトルさんが設計した建築のオープンハウスに行ってきました。施工は三笘工務店さん。うちの事務所でもいつもお世話になっている工務店さんです。建物は製造関係の会社のオフィスですが、2階にコンテナが建物に突き刺さっています。何とも不思議な外観です。コンテナの扉は実際に開閉できるそうです。

室内の様子。

スチール製の扉もかっこいいです。他の設計事務所の建物を見学できる機会はあまりないので、貴重な経験となりました。

オープンハウスのあとは茶臼山にあるYARDというカフェへ。内外とも落ち着いた色でまとめられていておしゃれです。平日ですが大勢の人で賑わっていました。

珈琲なのですが珈琲ではないような、今まで飲んだことのないような味わいでとても美味しかったです。

オープンデスク2019

今年は事務所で建築を学ぶ大学生のオープンデスク(インターン)を3名受け入れました。古家の実測、現場の見学、お施主様やメーカー担当者や構造設計者との打合せ見学、プレゼン準備、竣工写真撮影の補助など、並行して進む色々なプロジェクトに触れながら、設計事務所の実務を体験をしてもらいました。他の事務所ではなかなか出来ない経験が出来たという感想を貰うと、やってよかったなあと嬉しくなります。

実際の案件について自分なりの案を考え、プレゼンシートを作成してもらいました(上の写真は住宅のポストです)。最終日に打ち上げを兼ねて所内プレゼン。まさに酒の肴。。。もしかしたら実現するかも・・・と考えると夢があって良いですね。後日、実際にお施主様に見て頂いて、喜んで頂きました。(⇒最終的にはこんな感じになりました!)

若い学生たちには出来るだけ視野を広く持って、色々なことを経験しながら、成長していってほしいと思います。

オープンデスク^3

9月はYYAA始まって以来の学生オープンデスク同時3人体制でした。たくさんある設計事務所の中からわざわざ私たちの事務所を選んで頂いて嬉しい限りです。

構造設計事務所さんとの打合せに同席。これはなかなかレアです。建物の骨組みの持たせ方を意匠面と構造面から決定していきます。結構白熱しました。

・・・そしてやっぱりVR。

今は現場が一段落して次のプロジェクトを詰めている「静」の時期なので、工事現場で監督と侃々諤々になるような「動」に立ち会う機会は設けられなかったのですが、色々な打合せに同席したり模型や図面を作ることで実務に触れて、何かプラスになることがあれば良いなと思っています。

オープンデスク from 台湾

事務所史上初、台湾からのオープンデスクも早いもので最終日。最初はどうなることかと思っていましたが、すでに実務経験も長く日本語も堪能ということで何の問題もなく、写真撮影や打ち合わせ、現場の立会い、CGやら模型やら、いろいろ経験して頂くことが出来ました。来月からは某設計事務所に勤めるとのこと。ぜひ頑張ってもらいたいものです。加油!(写真:進行中のプロジェクトの案を考えてもらって、お茶しながら所内でプレゼン。綺麗なCGにスタッフたじたじの図)。

オープンデスク from SF

半月ほど事務所に来ていた学生くんのインターン期間が終了しました。事務所始まって以来の海外からのインターンです(といっても日本人ですが)。色々な段階のプロジェクトが同時進行しているちょうど良いタイミングだったので、盛り沢山な内容になりました。

出来立てほやほやのリノベ現場を見学。

可動家具の組み換えスタディ。

前から行きたいと思っていた新神戸にある竹中大工道具館。いい機会なので事務所一同で見学に行きました。

何故かたまたま居合わせたテレビ東京さんの取材クルーに密着取材されることに・・・(後日、放映されました)。

お施主様へのプレゼンテーションにも同席してもらいました。リアルなプレゼンの様子を見られる機会はなかなか貴重ですね。

解体中の現場の見学。ヘルメットとマスクは欠かせません。

「日本の美味いものが食べたい」との切実な希望から、谷六の蕎麦屋さん「文目堂」へ。

フレッシュな学生が事務所に来ると、我々スタッフもいつもと違った感覚で新しいことにチャレンジしたくなります。まだまだ先は長いですが、自分の信じる道を進んでいって欲しいと思います。

オープンデスクくん卒業

4月から事務所に居候していたオープンデスクくんが今日で最終日を迎えました。(オープンデスクとは建築業界の用語で、一般で言うところのインターンシップです)。今まで当事務所ではオープンデスクを受け入れていなかったので、これが記念すべき1人めです。まだこれから建築を学びはじめる学生なので、幅広く建築設計のイロハを体験してもらおう、ということで、模型・図面・CGという事務所の業務手伝いに加えて、現場見学に行ったり、実測したり、建築家の講演会や見学会に出かけたり、建築本を読んだり、かなり盛りだくさんな内容になりました。そして最後の課題は「実際のコンペに挑戦」。多少アドバイスやCGの手伝いをしましたが、何とか最終日までに一人で案をまとめ上げることが出来ました。

この数ヶ月、色々見たことや考えたことを今後の学生生活に生かして頑張ってほしいと思います。とりあえず、お疲れさま!