京都の建築巡り:京都市京セラ美術館

 

今年の5月にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館に行ってきました。

近づいて行くとまず目に入るのは、入口への長く緩やかなスロープ状の広場。遠くからだとほとんど見えず、既存の建物を邪魔することない自然なたたずまい。

現在コロナの影響により予約制なので、待ち時間の間に建物の周りを散策しました。

 

コンクリート打ち放しの外壁に真鍮の板?を張り付けた外観の東山キューブ。今回の工事で増築された部分です。

 

テラスからは美術館の庭園や街並みが見渡せます。晴れていればもっと気持ちよさそうです。

 

中に入るとエントランスは古いレンガ部分と新しい白い部分とが調和しており落ち着いた雰囲気。まずは美術館内のカフェENFUSEでランチ。彩り豊かで食べるのがもったいないくらいです。

 

ショップの様子。

 

 

アーティストの展示をめぐりつつ、建物内を散策。場所によって空間の雰囲気が全然違います。

 

中央ホール。なめらかな螺旋階段が美しいです。

 

光の広間。鬼頭健吾さんの作品が展示されていました。

 

東エントランス。庭園を眺めながら一息。杉本博さんの企画展をゆっくり観ました。

 

久々の建築巡り、見どころ満載でした。また頑張らねば。

 

 

京都の建築めぐり:みずのき美術館

亀岡市。古い家屋をコンバージョンしたアール・ブリュットの小さな美術館。

 

元々理髪店だったそうで、その名残りが残っています。ドアのフォントも歴史を踏襲していて素晴らしい。


開くんですね。

 

謎めいた建具のディテール。ドアハンドル・丁番は一切見えません。


2F。


町家ですが、地下に降りる階段が。

シンプルなコンバージョンですが、地下室があったり、エレベーターが付いていたり、なかなか手が込んでいるなあという印象でした。

京都の建築めぐり:旧トタンとレストランとガソリンスタンド


亀岡市の幹線道路沿いに建つ、元複合建築。模型をそのまま大きくしたような建物です。当時としては非常に新しい。

 


昔は手前側がガソリンスタンドだったんですが、切り離されて無くなっています。

 


今は隣にある亀岡市役所の別館として使われているようです。解体されなくて良かったね。

 


とはいえ、いかにも公共建築然とした外構が痛々しい。

京都の建築めぐり:園部SDオフィス


南丹市園部町。土建会社の社屋。学生の時に見に来て以来、久方ぶりに通りかかったので撮影。高速道路の影響か、昔のイメージよりずいぶん周りに建物が増えたような感じです。

 


鉄骨は記憶よりもクリーム色。塗装が良い状態なので、一度塗り替えたのかもしれません。

 


何の変哲もない四角い建物、と言えばそれまでなんですが、随所にたまらない魅力があります。許されるなら一日中貼り付いていたい位です。。。

 


どこから見ても絵になります。本当に美しい。

 

京都科学・開発センターは解体されてしまいましたが、是非この建物には永く残ってほしいものです。

京都の建築めぐり:Fortune Garden Kyoto(島津製作所旧本社ビル)


「関西建築界の父」武田五一が設計監修した京都市役所。その北隣にある同氏設計監修のレトロビル。結婚式場とカフェにコンバージョンされています。午後からの市役所協議の前に腹ごしらえ。

 

 

個人的に、良い建築とおいしい料理が両方楽しめるスポットが一番満足度が高いのでした。ごちそうさまです。

京都の建築めぐり:俄ビル


最近京都方面に出かけることが多いので、久々に市内の建築をいくつか見て廻りました。

 


ルーバーのピッチが細かくてほとんど中がうかがい知れません。裏手?と思うぐらい寡黙な表情。夜はどうなるのか気になります。

 


俄はNIWAKAと読むんですね。

京都の建築めぐり:Aesop河原町店


河原町にあるAesopに行ってきました。綺麗なグリーンが目を引きます。


窓枠が、絵画用の額縁!

 


透明ガラス扉のトイレ。どきどきしますね…。

 


吹抜から見下ろすと、1階からは見えない高さにもグリーンが使われています。全体的にモノトーンの空間ですが、グリーンやゴールドが空間に華を添えていました。(み)

京都の建築めぐり:京都国立博物館エントランス


関西にある貴重な谷口建築です。何度も車で前は通っていたものの、入るのは初めて。

 


鏡のように景色を映す水盤。

 


ぼうや、大きくなったらいい建築家になるんだよ。。。

 


恐ろしくシンプルなスチールドア。コーキング・丁番が全く見えない収まり。

 


恐ろしくシンプルなディテールの自動ドア(左)。公共施設では普通考えられないディテールです。

 


さすが、と唸る設計ながら、施設の使われ方が若干残念でした。立て看板やら、フェンスやら、ポスターやら、建築を考えずに物を選んで置いているものだから、なかなか絵にならず。。残念です。

 

>> 京都国立博物館ホームページ

京都の建築めぐり:京都科学・開発センター

関西学術研究都市にあるオフィス。奇をてらったデザインではありませんが、ものすごい存在感です。

せっかくのサンクンガーデン部分が資材置き場と化していて、あまり綺麗に使われていないのが非常に残念でした。→その後取り壊されてしまいました。大変残念です。