プレゼンテーション案が出来ました。

投稿日: カテゴリー: '18大阪市Mゲストハウス

大阪市中央区。玉造の駅前にある築40年ほどのビルの2層を特区民泊として活用するプロジェクト。共同住宅と長期滞在旅行者向けゲストハウスの2つの用途をスイッチできるように制度設計された特区民泊では、ベッドルームを中心とした部屋より、ファミリーが集まって団欒したり、マーケットで買ってきた食材を調理して楽しめるリビング空間を重視したゆとりのあるデザインを行ったほうがより素直で魅力的な空間になるのでは、という考えで設計を行いました。

1フロア1室の大きなタイプ(A)。水廻りやクローゼットを納めたコアでリビングと寝室を性格付けしています。大通りに面したビルならではの連続窓を最大限生かしたリビングからは都心の夜景も楽しめます。海外からのゲストには嬉しい和室も確保。

1フロア2室の小さなタイプ(B)。ニ方向避難を確保するためにダブルスキン化することで、インナーテラスのような不思議な空間が出来ています。ビルのファサードにも良い影響を及ぼすのではないかと企んでいます。

小さなタイプ(C)。採光を確保するために細長い間取りとなった部分を寝室として活用。3室とも全てアイランドキッチンを備えています。古いビルを活用した民泊ではラグジュアリーにつくりすぎても建物がついていけませんし、ラスティックにつくりすぎても品がなくなってしまいます。建物と立地環境が元々備えている性格を生かして、用途に関わらず魅力的な場所になれば理想的ですね。

民泊現地調査

投稿日: カテゴリー: '18大阪市Mゲストハウス

大阪市内からビルを利用した特区民泊のご依頼を頂き、現地調査へ。私たちの事務所では民泊のご相談は初です。先日完成したゲストハウス・シェアハウスに続き、新しい用途のご依頼には時代の流れを感じます。ビルは既にスケルトン状態なので調査はスムーズに出来ました。

内装のデザイン自体は問題なさそうですが、何より法律をうまくクリアできるかが気になります。建築基準法、旅館業法、消防法、とりあえず法律面のチェックから進めることになりました。