山あいのピザ店。ファーストプレゼン

投稿日: カテゴリー: '18奈良市Kピザ店

奈良市。山あいの古民家ピザ屋さん。プレゼンテーション案が出来ました。既存の古民家の中にカウンターと厨房、ピザ釜を配置します。お施主様の思い入れが強い建物なので出来る限り既存部分には手を加えず、余裕のあるスペースを大きく使ってお店の核となる部分をつくり、客動線と従業員動線を整理しました。

 

母屋から張り出したトイレ棟。かなり開放的に作りながら客席・外部からの視線は遮る設計。

 

今回はお施主様からスケッチで、というご希望を頂いたので手書きで透視図をつくりました。製図板でまともに作図するのは久しぶりなので、1枚目より2枚目のほうが狂いが少ないですね。やはり町屋や古民家の計画案はCGより手書きのほうがしっくりきます。手間暇はかかりますが、リハビリを兼ねてこれからも時々は手書きを挟んでいきたいと思います。

古民家の現地調査。

投稿日: カテゴリー: '18奈良市Kピザ店

奈良市東部。柳生の里にほど近い村落から古民家を改装したお店のご相談を頂き、現地調査に行って来ました。奈良駅から車で30分ほど茶畑の合間をぐねぐね上がっていくと深い山々に囲まれたのどかな景色が広がっています。周りを見渡すと、右も左も築100年以上が確実な古民家ばかり。少し中の様子を伺うと、母屋・離れ・納屋・蔵といった分棟の絶妙な配置具合や、家の中で職住一体・自給自足の生活がごく自然に営まれている様子が見てとれます。ここには人や物が生まれてから死ぬまでのサイクルを何度も繰り返しながら洗練されてきた暮らしが今でもちゃんと息づいていると感じました。そんな環境の中に計画する建物は特段何かを主張するより、お客様がゆっくりした時間や雰囲気を満喫できるように、ぱっと見、どこをデザインしたのか分からないぐらいのささやかな設計が良いだろうなあと思っています。

堺市M邸・計画案

投稿日: カテゴリー: '18堺市南区M邸
大阪・奈良・建築・設計事務所・建築家・山本嘉寛・住宅・新築・戸建て・リフォーム・リノベーション・定期報告

上下分離型・木造二世帯住宅のリノベーション。親世帯+子世帯から子世帯+孫世帯へのスライドに伴って1階部分を改修する計画です。耐震補強や断熱性の向上、設備の更新といった性能向上を行いながら、これから数十年の生活スタイルを見据えた間取りへと改変します。法事が営まれる仏間を中心に、間仕切りのON/OFFによって1階全体をケとハレの両面の使い方が可能なように再構成し、将来的な内階段の設置や孫世帯+ひ孫世帯へのスライドも視野に入れた設計を行います。

二世帯住宅リノベーション調査

投稿日: カテゴリー: '18堺市南区M邸

大阪府堺市から二世帯住宅リノベーションのご相談を頂き、ヒヤリングと現場調査に伺いました。親世帯・子世帯の二世帯から、子世帯・孫世帯の二世帯へのスライドに伴って、様々な生活環境の見直しが必要です。この先数十年の住み方を考えながら、最適なご提案ができればと思います。

海辺の敷地調査

投稿日: カテゴリー: 未完成

和歌山から新築のご相談を頂き、打合せと現地調査に伺いました。敷地はYYAA史上もっとも眺めがよい立地です。なんと・・・

 

 

オーシャンビューどーん。

 

眺めは良いのですが、法規制、工法、コストなど色々ハードルが高く、まずヒヤリングからはじめることになりました。いつもながら遠い道のりですが、何とか実現したいものです。

 

 

戸建てリノベ調査

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 未完成

奈良県橿原市から戸建てリノベのご相談を頂き、現地の下見に行ってきました。築40年ほどのよくある住宅。建て替えるほどではないけど改修するとお金がかかりそう。新築すべきかリノベすべきか、それが問題です。

解体して新築する場合は、既存の間取りの制約を受けずに自由なプランニングが出来ること、最新基準の住宅性能(耐震性・断熱性など)を持たせることができること、などメリットは大きいですが、ゼロからつくる分、工事金額はかさみます。

リノベーションする場合は、柱梁や建具など、味のある素材を生かして新築にはない雰囲気を出せることが最大のメリットです。間取りや建物の形は既存の制約を受けるため、自由ではありません(でも頑張ってプランニングします!)。柱梁の耐震補強は可能ですが、基礎の補強や地盤改良を行うことは非常に困難なため、新築と全く同等に補強できる訳ではありません。地中の設備配管が傷んでいることも多々あります。コスト面では、リノベーションは工事部位を絞ることでコストコントロールを計れるメリットがあるのですが、マンションと違い、外壁やサッシ、屋根、耐震性、断熱性といった様々な工事が必要となる場合がほとんどなので、極端なローコスト化を図れないケースが多いです。

冷静に考えると新築がおすすめなのですが、大きな梁がかかった立派な建物を見ると、3~40年で壊すのは余りにもったいない、何とか生かせないかなあ、とやっぱり思ってしまいますね。

豊中でリノベーションの調査

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 未完成

豊中市からリノベーションのご相談を頂き、現地調査と打ち合わせに伺いました。寮として使われていた建物の最上階を住居へと改装します。築年数はそれなりに経っていますが、よく設計されたモダンな建物。緑が多く落ち着いた環境を生かして、開放的なプランが作れれば良いなと思います。

某商店街のアーケード調査

投稿日: カテゴリー: 未完成

打ち合わせの帰り、老朽化した某商店街(バレバレですが)のアーケード調査に。

見上げると、実に色々な処理が施されていることが分かります。建物と接している部分も非常に複雑です。でも何だかこのままではマズい感じです。雨に濡れないという機能以外、この場所に求められるデザインとはどんなものでしょうか。とても難しい問いかけです。

生駒で新築の敷地調査。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 未完成

奈良県生駒市。新築住宅のご相談を頂き、敷地調査に伺いました。敷地がどこかというと・・・この全部です。

丘に登ると市内一望。大きな敷地の場合はついつい建築も大きく計画してしまいがちですが、平地に建てる場合より割高になることを考えると、あまり大風呂敷は広げられません。擁壁で固めた要塞のような建物も問題です。斜面なりに、既存の丘と共存できるような設計が必要になりそうです。

ファーストプレゼン

投稿日: カテゴリー: '17大阪市中央区カフェN


カフェの外観デザイン計画。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。

 

 


外壁の種類や植栽・ベンチの配置計画など、特徴の異なる3パターン。模型を眺めながら、それぞれの良い点・問題がある点を打合せする中で、徐々に方向性が固まってきました。

カフェ調査

投稿日: カテゴリー: '17大阪市中央区カフェN

事務所から程近くにあるカフェさんからご相談を頂き、さっそくヒヤリングと現地調査に伺いました。何度かお邪魔したこともあるお店なので、設計する立場で見ると何だか不思議な感じです。すでに出来上がっている良い雰囲気を壊さずに、より向上させるような提案になれば良いなぁと思います。

N糖尿病内科クリニック

投稿日: カテゴリー: '16-17奈良県上牧町Nクリニック


クリニックの新築計画です。大きな交差点に面した立地を活かして、おむすび型の丸い建物となっています。

 

糖尿病内科クリニックの特性上、患者さんの動線が一筆書きになることから、受付から会計までぐるっと一周まわって一連の流れを行える平面計画となりました。診察室や検査室など機能的な部分は矩形として、外周のおむすび型とのあいだに出来た余白を待合ゾーンとして利用します。

 

 

 

ファーストプレゼン

投稿日: カテゴリー: '16-17大阪市天王寺区Sマンション

渋マンションのリノベーション計画。お施主様にプレゼンテーションを行いました。現地調査と図面調査によって、新築時の設備設計にかなり問題があることが分かり、建物全体的な設備仕様と配管ルートの見直しが必要な状況です。そのため住戸レベルを超えて、建物全体のリフレッシュを目指した提案となりました。コンクリート造では柱・梁の構造グリッドによって空間が文節されます。そこに給排水・換気空調・ガスの機器・配管を集約した設備のグリッドを重ねることで、更に多様な空間の文節を生み出せるのではないかというもくろみです。

 

ワンルームタイプの住戸。

 

設備グリッドが重なる部分は床仕上げを替えて、何となく領域分けが成されます。奥の寝室部分は可動間仕切りでオープン/クローズ。

 

共用部についてもオートロック化・集合ポストの入れ替え・宅配ボックスの設置など機能のバージョンUPと、エントランス周りのイメージUPを連携して提案しています。

 

・・・ちなみに今回からCGのテイストを少し変えています。最近ではリアルを追求したCGは目新しさがなくなってきたので、逆に絵として捉えて、アニメのセル画のような雰囲気に近づけようと色々試行錯誤中です。

敷地調査

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: '16-17奈良県上牧町Nクリニック

奈良県上牧町からクリニックのご相談を頂き敷地調査へ。新しく造成された土地は障害物がない分、設計しやすいはずなのですが、自由度が高すぎて取っ掛かりがなく、また違った難しさがあったりもします。将来的に付近がどのように開発されていくかも予測できないので、周りがどんな状況であっても成り立つような計画でなければなりません。まずは敷地にどのように建物のボリュームを配置するべきか、小さな模型を作って検討していきます。

古マンション調査

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: '16-17大阪市天王寺区Sマンション

築古賃貸マンションのオーナー様よりご相談を頂き、現地調査へ。昔ながらの鉄扉がよい味を出しています。

駅からも近く、室内は綺麗にリフォームされて清潔な感じですが、それでも入居者が見つからず空室が続いているとのこと。抜本的な見直しが必要ですね。

お屋敷調査

投稿日: カテゴリー: 未完成

奈良市中心部、開発された区画の隙間に残る築年数不明の古民家。お施主さまと一緒に調査に行ってきました。吹抜の土間部分だけでも8帖x2。竈のあとや、現役で使える井戸も残っています。

ファラオが眠ってそうな長持。。。

まだまだ長く住めそうな立派なお屋敷ですが、規模が大きいだけにメンテナンスや設備の更新には莫大な費用がかかります。今時の現実路線としてはゲストハウスへの転用なのでしょうが、それにしてもかなりのビッグプロジェクトになりそうです。価値ある古家を解体してマンションに建てかえたり駐車場にするような計画は一見、愚かなことを・・と思いますが、現実的にはなかなかそれ以外の道がないのかもしれません。

ファーストプレゼン

投稿日: カテゴリー: '16奈良県香芝市K酒蔵

古い酒蔵の一角にショップと試飲コーナー、ミーティングルームをつくるプロジェクト。重厚な大空間の中では、単純にハコ型の店舗ブースを挿入するだけでは全体の雰囲気に店舗が呑まれてしまいます。そのため今回は既存の架構グリッドに添うように新たな柱・梁を追加し、そこに間仕切りやディスプレイが絡み合うよう配置することで、古いものと新しいもの、大きなものと小さなものが滑らかに接続されるデザインを試みました。現在は使われていない塀の内側のスペースを露地として設え、店舗、ミーティング、試飲コーナーそれぞれへのアプローチとして活用し、試飲コーナーは街角から目立つ位置に配置、小さなバーとして独立使用することも可能な動線計画としています。

酒蔵のリノベーション

投稿日: カテゴリー: '16奈良県香芝市K酒蔵

 

 

奈良の蔵元さんからご相談を頂き、早速現地の調査に伺いました。酒蔵も、隣に建つ大和棟の住宅もゆうに築100年を超えています。これだけの建物が街中に残っていて、しかも現役バリバリで使われていることにびっくり。

寺社か城郭並みの大きな骨組みに圧倒されます。大きな柱は8寸角(24cm)。

あまりにも大きすぎて、手を入れ出すと際限なく費用がかかってしまいそうです。また、長い間慣れ親しんだ建物の使い方を変えることもなかなか難しいものです。いくつか案を作成して、お施主様の意見を伺いながら計画を絞り込んでいく作業が必要になりそうです。