地鎮祭を行いました

Posted カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

9月吉日に地鎮祭を行いました。

お施主様、工務店、弊所の三者が集まり、神主さんと一緒に土地の神様へのご挨拶と、工事の安全を祈願しました。

 

お施主様と神主さんが敷地の四隅をめぐり、お米とお塩、お酒を撒きます。

 

鎌で草刈を行うやまもと。

設計者が草を刈った後は、工務店が鍬で土を掘り、お施主様が鋤で土をすくい、最後に神主さんが鎮め物を埋納しました。

 

確認申請がおりたら、いよいよ着工です。

 

ちなみに神主さんは、御所市内にある高鴨神社から来ていただきました。

高鴨神社は、上賀茂神社・下鴨神社など全国の鴨神社の総本社で、非常に古く由緒ある神社です。

地鎮祭の帰りにスタッフ全員で高鴨神社に立ち寄り、改めてお祈りしました。

CGで内部の検討

Posted カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

奈良県御所市の住宅。二世帯住宅ということもあり、色々な間取りを検討していましたが、ようやくプランがまとまってきました。吹き抜けと大きな本棚のある子世帯のリビング。階段上がライブラリです。

 

内部の配色やディテールをお施主様にも確認して頂きながら微調整を行い、完成形に近づけていきます。

 

 

更地になりました。

Posted カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

奈良県御所市の住宅現場。古家の解体作業が完了し、およそ100年ぶりに更地となりました。

昔は田んぼであった可能性から軟弱地盤の心配をしていましたが、サウンディング調査の結果は割と良好でした。コストが厳しい計画なのでまずは一安心。引き続き実施設計を進めています。

 

 

古建具のサルベージ

Posted カテゴリー: '15-奈良県御所市U邸

奈良県御所市の住宅計画。市街化調整区域のため土木事務所との協議が続いていましたが、なんとかOKが出ました。近々既存建物を解体撤去する予定なのですが、古い建具が大変良い感じなので非常にもったいない。お施主様と相談して、状態が良いものを保管させて頂けることになりました。建具の状態や寸法を調べて、再利用できそうなものをチェックしていきます。

 

今ではなかなか手に入らないガラスや金物を使っていたり、明快な収まりになっていたり、ということもありますが、古い建具は第一に縦横比や桟の割付のプロポーションがとても良いです。建具屋さんの経験的な美しさの蓄積には学ぶべきところが多いです。

 

本当は柱・梁など構造材も残したいところですが、重機で壊す場合と傷つかないように撤去する場合では格段に手間賃が変わってしまいます。大きな部材の保管場所も考えると、なかなか古材を残すことは難しいようです。