検査とお引き渡し。

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

建築工事が一通り完成し、確認検査機関による法的なチェック(完了検査)を受けました。着工してからの設計変更がほとんどなかったので、大変スムーズでした。工事の出来具合のチェックは建設会社による社内検査、私たちの設計検査、お施主様の施主検査、と繰り返し行って、細部の完成度を高めていきます。

 

お引渡しの様子。建設会社から引き渡し書類や鍵、設備機器についての説明があり、私たちは建築士法に基づく工事監理報告書を提出します。

今回は斜面地の計画で予算調整が難しく、設計と見積のバランスが取れるまで何度も設計変更を行い大苦戦しましたが、お施主様と建設会社さんのおかげで着工後は大きなトラブルもなく、コロナの影響を若干受けながらも計画どおり現場を進めることができました。ありがとうございます。

 

外部は引き続き外構の工事を進めています。今回は植栽は最低限に抑えて、砕石と平板コンクリートのデッキを敷く予定です。

 

ローコスト化のため、現場打ちの鉄筋コンクリートではなく、規格品のブロックで階段をつくることになりました。見積上は安くなったのですが、位置合わせが難しく、施工の難易度が上がってなかなか大変な様子です。

 

大きなキッチンの取付け

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

奈良県王寺町T邸。大きなオーダーキッチンの取付け中です。キッチン屋さんにはかなり細かな施工図を描いて頂いていたのですが、それでもこの大きさとなると色々トラブルもあり、苦戦中のようです。

 

内装工事は壁面の塗装も終わり、全体の雰囲気が分かるようになってきました。階段周りの手摺もCGどおり出来上がりました。

内装工事中です

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

王寺町の住宅。内装工事が進んでいます。北側斜面に開いた大きな窓と、東西のスリット窓から光を取っています。直射日光があまり入らない設計なので一抹の不安がありましたが、プラスターボード貼りの状態でこのぐらいなら大丈夫。壁面を白く塗装すればもっと部屋は明るくなります。

 

サイディング外壁の塗装も終わり、足場も外れました。外観は竣工写真までのお楽しみということで。

 

外壁の改修計画が始まりました。

Posted カテゴリー: '15-17岡山ビル


大阪市玉造の岡山ビルです。4年前の改修では、外部はほとんど既存のままだったので外壁タイルや吹付けの劣化が進んでいます。漏水やタイル落下の恐れもあるので足場をかけて全体的に補修することになりました。

 


割れたり剥落の恐れがあるタイルは撤去して、貼りなおす必要があるのですが、新築当時と全く同じ色柄のタイルはないので、どういうタイルを代替品として用いればよいか検討しています。サイズも「小口平」という規格で、最近はほとんど販売されていません。

 


昭和期のタイルは微妙な焼ムラがレトロ感を醸し出しています。よくみるとコーナーは微妙にタイルをカットして目地を調整しつつ、L型のタイル(役物タイル)を嵌め込んでいるようです。普段は気づかないのですが、じっと作り手の視点で見ると色々なことが分かってきます。

屋根・外壁の工事

Posted カテゴリー: '17-20麓の家

奈良県王寺町T邸。外装工事が進んでいます。ガルバリウム鋼板の屋根が出来上がりました。軒先や頂部の細かな部分まで丁寧につくって頂いた板金屋さんに感謝。ガルバリウム鋼板はシルバーやブラック色が一般的なのですが、今回はお施主様と相談した結果、ホワイトになりました。工務店さんからは反射してまぶしいのでは・・という心配の声もありましたが、全然大丈夫そうです。

 

外壁は無塗装サイディング板。現在素地の状態ですが、塗装して仕上げる予定です。窯業サイディング板は耐久性・防火・耐火性が高く優れた材料ですが、木目やレンガのフェイクテクスチャでデコレーションしたものが殆どのため、そのまま使うとどうしても建売住宅やハウスメーカー風の外観になってしまいます。唯一、平滑な無塗装サイディング板はシンプルなデザインが可能なので、建築家住宅での採用事例も多いです。私たちの事務所では初めて採用する仕上げなので、出来上がりが楽しみです。