大阪R不動産に掲載されています。

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201の入居者募集が大阪R不動産のウェブサイトに掲載されています。カーテンが特徴的な部屋です。ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。

 

記事に書いて頂いたとおり、窓を開けると非常に美しくカーテンがたな引きます。玄関も開け放てばもう部屋が生き物のようです。

写真撮影

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201。ようやく工事が完了し、竣工写真を撮影しました。毎度のことながら撮影用小物の準備に余念がありません。今回はコンセプト的にどうしても必要、ということで、とうとうベッドまで持ち込んでしまいました。苦労の甲斐あって、春風に揺れるベッドルームが良い感じに撮れたようです。カーテン製作はfabricscapeさん。

 

その後引き続き外観夕景の撮影。左:Dias#201、Dias#102の入るディアス北田辺(積水+外観yyaaリノベ)と、右:トラスト北田辺(ダイワハウス)のエントランス・駐車場・駐輪場・ゴミ置場を一体的にリノベーションしています。ハウスメーカーのハイツは見かけの工事費を抑えるためにおしなべて外構が貧弱なので、その部分に一石を投じる計画にはなったように思っています。植栽計画は松下岳生さん。工事の完成が2015年秋ですから、早いものでもう2年半も経ってしまいました。入居者皆様のマナーと、オーナー様の行き届いたメンテナンスのおかげで、綺麗に使われていて有り難い限りです。上の写真は撮影して頂いた山田圭司郎さん。いつもありがとうございます。

カーテンを施工して完成。

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201。床工事とカーテンレール工事がようやく出来上がったので、製作をお願いしていたカーテンを吊りこみました。今回もカーテンの担当はfabricscapeさんです。イレギュラーで極ローコストな計画にも関わらず知恵を絞って頂き、いつもながら大変助かりました。

詳細はまた後日!

DIY以上プロ未満のPタイル施工

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201のリノベーション。既存の床の上にPタイル(プラスチック・タイル)を施工中。今回は割とクールな印象のコンクリート調Pタイルを使用します。

 

Pタイルは通常、粘着性の高い糊を使用して接着貼りしますが、一度糊付けしてしまうと、次に模様替えするためには既存のフローリングもろとも交換しなければならず、工事が非常に大掛かりになってしまいます。賃貸マンションではローコストかつ容易に修繕や模様替えが可能なほうが良いため、今回は既存のフローリングシートの上に両面テープ貼りで施工を行うことにしました。

 

しかしイレギュラーな施工法を工務店さんに断られてしまい、やむなく私たちの事務所スタッフで自主施工することに。。。以前Katamariを自主施工した経験から、ある程度Pタイルの特性は分かっているので今回はその応用編です。

 

 

壁や建具、設備との境界部分には微妙な切り欠きが必要な箇所がたくさんあり、なかなか手間がかかる作業となりました。プロに任せるほどのクオリティは出ませんが、DIYの素人工事よりは丁寧な仕上がりです。

 

制約の多い賃貸物件のリノベーションではクオリティとコスト、デザインの落としどころが必要です。今回はカーテンがデザインの主題なので、床にかけるコストは最小限に抑えてメインディッシュに注力する計画です。

床工事が終わるといよいよカーテン工事が始まります。

現場うちあわせ

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

Dias#201。現場で設計・施工チーム合同打合せ。ワンルーム賃貸なので簡単かと思いきや、一般的な工事ではない分ディテールに四苦八苦。それぞれのメンバーの経験を生かして知恵を絞ります。

 

紙テープで記した下地位置を見ながら出来上がり状況をイメージ。良い感じになってきました。

 

眠れる森の美女の部屋(案)

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

ローコストワンルーム賃貸の改修。計画案がまとまり、実現に向けて動き出しました。室内の扉という扉を全部取っ払って、色々なものがヴェールで包まれたような空間を目指します。極めてローコストですが、かなり振り切ったプランになったので出来上がりが楽しみです。

 

 

天蓋のようなベッドルーム。オーナー様からは「眠りの森の美女的な」とコメントを頂きました。そんな雰囲気の部屋になれば大成功。イメージを具現化すべく、ディテールの詰めを行っていきます。

 

 

 

Dias#201の計画

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺


一昨年、外装と102号室のリノベを行った大阪市東住吉区のDias。空室が出たタイミングで今度は201号室をリノベーションすることになりました。

 

ほぼスケルトンまで解体して水回りを総入れ替えした前回と違って、今回は最小限の予算で最大限の効果を発揮する計画を練らねばなりません。単に壁の色・床の色を変える、といった表層の操作では劇的な効果は望めないため、思い切った空間の使い方の提案が出来ればと思っています。

一年点検

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

昨年設計した北田辺の賃貸マンション室内・外観リノベーション。お施主様・工務店さんと一年点検を行いました。通常、賃貸マンションでは入居が始まってからの点検は難しいのですが、今回は入居者さんのご協力で住居の内部も点検させていただくことが出来ました。施工の不具合や設計時に想定していなかった問題点に気づくことも出来、大変よい機会となりました。

 


一年ですっかり大きくなった道路際のアベリアホープレイズ。なかなかの生命力。階段下の木ルーバーも美しさをキープしており一安心。

受賞:Lixil x Houzzコンテスト

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺1.Topics受賞

弊所が設計監理した大阪市東住吉区のマンションリノベーション、「Dias#102」がLixil x Houzz“キッチンで暮らす”施工事例コンテストにて審査員特別賞(柴田文江賞)を受賞しました。ありがとうございます。

⇒発表の詳細はコチラ(LIXIL)

⇒講評の様子はコチラ(Houzz)

小さなワンルームマンションのリノベーションですが、何か住み方の提案ができないか、ということで試行錯誤した結果を評価して頂き、大変光栄です。やや下町のワンルームなので高齢の方が入居する可能性もあり、座って作業が出来るキッチンやワークスペースがあれば良いなぁ、ということで部屋いっぱい4.3Mのカウンターを造作でつくりました。天板の高さは一般的にキッチンが85cm、机は70cmですが、今回はその両方に支障なく使える中間の寸法を慎重に決定しています。この現場はエクステリアの改修も行っているので、植栽の芽吹きを待って撮影を行う予定です。そちらも楽しみです。

⇒Dias#102の詳細はコチラ

植栽工事

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

<
北田辺のマンション。外構工事を行いました。緑が入るとぐっと雰囲気が良くなります。

 


防草シートの上に割栗石を敷いていきます。ただ並べているだけのように見えて、実は簡単に崩れないよう石を組んでいます。

 


道路際は斑入りのアベリア。まだ小さな株ですが、すくすく成長して欲しいと思います。来年の春が楽しみです。

設計検査

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺


賃貸マンションリノベーション。住戸内部。ほぼ工事が完成し、設計者検査を行いました。ナラ無垢フローリングに白いカウンター。ほぼCGどおりの清潔感のある部屋になりました。

 


シンプルなワンルームなので、全体的にシャープめのディテールとしています。久々の入り巾木収まり。

 


久々の建具枠無し収まり。スイッチ・コンセントは神保。

 

 


外部は引き続き植栽工事ラウンドへ突入していきます。こちらも大変楽しみです。

 

鋭意施工中

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺


北田辺のマンションリノベ現場。急ピッチで作業が続いています。

 


天井が高く、作り付けのカウンターがある居室と、南庭にウッドデッキ。贅沢なワンルームになりそうです。

 


外部も順調に工事が進んでいます。木製ルーバーもなかなかシャープな感じ。完成までもう一息です。

集合住宅と駐輪場

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺


北田辺のマンション外構リノベーション。駐輪ラックの据付位置を調整しています。

集合住宅の共用部設計では、駐車場より駐輪場の作り方が腕の見せ所です。新築時に、駐車場については市役所の厳しい協議もありますし、建主様も収益に直結する問題なので気を使います。普通に設計してもまあ、それなりの駐車場になります。いっぽう駐輪場は市役所の定める所要駐輪台数制限も緩く、直接収益を上げる部分ではないため、他の部分に圧迫されておざなりにされがちです。

しかし十分な容量の駐輪場を確保しておかないと、自転車が道路にあふれたり、無理やり詰め込んで使い勝手が悪くなったり、入居者や周辺住民からの苦情の原因となります。敷地に余裕がなければ竣工後に新たに駐輪場を増設することも出来ません。

今回は隣り合う2つの集合住宅の合同工事ですが、一方の集合住宅は駐輪場が狭く入居者から苦情が来る状態、もう一方は駐輪場自体がなく、廊下に自転車が並んでいる状況でした。2つの敷地を最大限活用して、何とか入居者分の駐輪台数を確保した駐輪場を新設します。普通の平置きだと1台あたり60cm間隔が標準ですが、上下にラックをずらすことでカゴ同士の干渉を避け、30cm間隔程度までは狭くすることが出来ます。 いつもながらの極小設計です。

穴あきブロック塀

Posted カテゴリー: '14- Dias+Trust北田辺

北田辺のマンション改修現場。穴あきブロック塀が出来ました。今回は割と小さめの穴でホワイト色のブロック。おおきな塀の割に圧迫感が少なく、とても良い感じです。

 


住戸内部も工事進行中。細かい部分の収まりを現場で打合せ。今回は割とシャープなディテールに統一しているので、コーナーや端部の処理が難しい。現場で大工さんの意見を取り入れながら設計を微調整していきます。